under-the-eaves-673327_1280

539 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/01/04(木) 08:20:58 ID:X9PD89ZH0

実家の家限定のこと、結構古い家屋。
 
時々、目の錯覚かもしれないけど廊下の突き当たりに古い押し戸が見えるときがある 
それは常に見えているわけじゃなく、夏になると見えるようになる 

爺ちゃんにそんなのが見えると酒の席で話したら 
俺の家にあった実話を話してくれた。
【実家の古い家屋に見えたり見えなかったりする不思議な扉・・・】の続きを読む

japan-1778543_1280

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/03/31 03:38
うちの一族は女だけ結構霊感がある家系なのだが、その中で私のおばさんが一番ずば抜けているんだわ。 
で、そんな叔母さんがある日突然倒れまして。 
見舞いに行ったんだけど、完全に寝たきり状態。 
体も全然動かない、頭はしっかりしてるんだけど、と言った状態で。 
病院で調べてもどこも悪くないとのことで、一族で首をかしげてたんですな。 

だが、叔母さんは体の自由を奪われた代わりに、超能力がついてしまった。 

【叔母が突然倒れた時の話。そこから不思議な能力が目覚めた・・・】の続きを読む

forest-2096088_1280

77 :75:02/03/31 03:49
これは知り合いの人から聞いた話。 
彼が高校生の時に、同級生が行方不明になった。仮にAとしときます。 
Aは友人のBと一緒に下校したのだが、Bと別れた後、Aは家に帰ってこなかった。 
Bに聞いてみたが、Bは「いや、普通にまた明日、と別れたんだけど」とのこと。 
警察近隣住民で探した結果、翌日彼は見つかった。 
山の中から死体で・・・・。 
しかも事故ではなく、死因は鈍器だかなんだかで殴られた事による頭蓋骨損傷。 
つまり、殺人だった。

【同級生が殺された→それよりも、その後の方がヤバすぎる…】の続きを読む

rivers-3059560_1280


108 :1/6:2013/06/25(火) 09:31:30.69 ID:n5Mg9yKf0

流れを読まずに投稿して申し訳ありません。 


過去ログを読んでいて、似たような体験をした方がいたようで、ふと書き記しておきたくなったのです。 
創作乙といわれるのを覚悟で書きます。
どうぞご容赦ください。 


これまで3回ほど異世界に行ったことがあります(あそこが異世界とするならば…)。 
1回目は多分、9歳か10歳のころ、2回目は23歳のころ、3回目は10年前の36歳のころでした。 


あの世界に行くのはいつもきまって、私生活がぐちゃぐちゃになった時でした。 

【不思議な体験を3回した。次に体験する時は・・・】の続きを読む

AL203elvdoki320140830110541_TP_V

157 :本当にあった怖い名無し:2010/06/10(木) 07:30:32 ID:Yy2sKifc0

昔、ある娯楽施設の夜間メンテナンスの仕事をしていた。

作業を終えてカートに積んだ道具を仕舞いに業務用エレベーターに向かい

ボタンを押すとすぐ扉が開き、なかには女性従業員が乗っていたので

「お疲れ様です」

と声をかけて乗り込み、B1Fに向かう。


B1Fで降りて道具をしまいに行ったあと、またそのエレベーターのボタンを押すとすぐ扉が開いたので誰もいないエレベーターに乗って作業場の2Fに戻る。

ふと考えると背筋が凍った。

【女性従業員がエレベーターに乗っていた→意味に気づいた時、背筋が凍った・・・】の続きを読む

park-3116883_1280


54 1/2sage 2006/05/01(月)15:07:56ID:tWAhR4Vo0
皆さんは自殺死体を見たことがありますか?
 
俺は今までに2人の方の死体を見つけました。

どちらも偶然で、本当にそばを通りかかっただけなんですが、2回とも、同じ現象に出くわした後の発見だったんです。

正直とても怖いのですが、その話を書こうと思います。

いつもウチの犬(ハスキー)の散歩に、近くの林の中を歩いているときでした
当たり前なんですが、やっぱり亡くなった人間って臭いんですよ。


【私は死体を2度見たことがある。その時、自分でも信じられない体験をした・・・】の続きを読む

architecture-2560008_1280


648 :1/13:2007/01/18(木) 09:57:27 ID:SUlaGoNV0
私は今年の夏はずっとバイトをしようと決めてました。 
夜は警備員のバイトをしてそのまま朝、新聞配達をして寝るという生活が続きました。 
ある日、社員の人が 
「10分ほど行った所にあるビルなんだけどちょっと異常があったから見回ってくれない? 
バイト代に色付けるから」 
と言ってきたので、一緒にまわる友人――まぁ、仮に友人をAとしましょう――と二つ返事で承諾しました。 

その時はさほど変には思わなかったのですが、 
普通、時給のバイトに+?でバイト代を出すなんて今考えればやっぱり変ですよね。 
異常があったのは5階建ての雑居ビルで、見た目からしてなんか出そうな所でした。 
表の鍵は掛かっていました。もちろん裏もカギは掛かっていました。 
鍵を開けて私とAは中に入りました。異常があったとされる1階は何もなし。 
一応各フロアも回るように、と言われていたので、私と友人は各階ごとに一人が見まわり、 
もう一人が非常口が見えるエレベーターホールに待っていることに決めました。 

【【トラウマ】警備員のアルバイトであった体験。今でも想像するだけで震える・・・】の続きを読む

このページのトップヘ