cyusyaPAS01313_TP_V


90 :ハルニレ:2016/10/23(日) 01:08:27.79 ID:jbXAvff8

ある病院に一人の男がいた。男はその病室で泣いていた。 
その男の隣のベッドには彼の妻が眠っていた。 
そして、彼は彼女に会うことになる。 
彼女とは彼の妻の向かいの病室にいた少女だった。 

その少女はずっと眠ったまま目を覚まさなかった。 
すると看護婦の声が聞こえてきた。 
「彼女、血が足りないんでしょう?可愛そうよね!!」 
「そう、両親の血液も合わなかったそうよ。彼女の血液型は?」 

【私は入院中の少女に恋をした・・・】の続きを読む

shirakoma-5_TP_V


878 :本当にあった怖い名無し :sage :2005/08/18(木) 12:32:58 ID:zjqKxW6C0 

大学生のころ、とある原生林で植物の調査をしていました。 
毎週通うので何か変化があるとすぐ気づきます。 
ある日、下山中ものすごく生臭い悪臭に気づきました。さらに 
多数のハエが飛んでいます。 
 

【大学生が植物の調査で山の登ったらアレを発見した!】の続きを読む

adult-3046123_1280


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/21(日) 13:46:17.71 ID:uH6mbzLG0
機械が人間以上の知能を得た時代。人々はなんでもロボットに任せていた。 
仕事もしなくていい。食事も作らなくていい。人間は毎日楽しく過ごすことができていた。 
いつものように、人々はに言う。 

「仕事に行ってきてくれ」 
「カシコマリマシタ」 

何の口答えもせずにロボットは従う。もはやロボットは人間の奴隷なのだ。 
ロボットはロボットを作り、人間は人間を増やしていった。 

【ロボットが人間の知能を上回った結果・・・】の続きを読む

skyline-3138335_1280


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/21(日) 13:30:50.82 ID:uH6mbzLG0
エヌ氏は精神科の院長を務めている。小さい町だがそこそこ繁盛していて客からの信頼も厚かった。 
ある日、エヌ氏のところに一人の女性がやってきた。 

「先生、あたし、最近よく眠れないの」 

「何かお悩み事でも?」 

「いえ、悪夢です。夢の中で空がだんだんと赤く滲んでいくのです。最後にはあたりが真っ赤になって……」 

エヌ氏は心の中でため息をついた。このところこのような症状の患者ばかりなのだ。 

【小さな町の精神科医にやって来る患者の症状・・・】の続きを読む

luigi-1558018_1280


135: 創る名無しに見る名無し:2010/10/20(水) 21:58:47 ID:bYcpIdfS

年末、久しぶりに家族全員が揃った。昨年、一昨年は兄貴に急な手術が 
入ったために帰省できず全員揃わなかった。 

兄貴は小さい頃から物を直すのが得意だった。 
お気に入りの時計、お気に入りのラジカセ、壊れると直るまで何日かかっても 
結局直してしまった。一度直すと決めたら最後まで直そうとする、そんな兄貴に 
医者という職業は天職なのかもしれない。 


【小さい頃から物を直すのが得意だった兄貴が・・・】の続きを読む

youtube-2617510_1280


344: 17歳:2011/03/31(木) 21:12:38.93 ID:nNCIenOo

「やりたいことは、見つかりましたか??」 
テレビの画面から、17歳の私が語りかけてくる。 
私はその声を聞きながら、やりたいことをイメージしてみるが、どうもうまくいかない。 

日々ぼんやりと流れるままに過ごしている私には、少々酷な質問だ。 
獣医さんになりたいと考えたことはあるが、それは単に動物が好きだからであって、 
一生をその仕事に捧げる覚悟があるか、と問われると簡単には「はい」と言えない。 
ぼんやりしていると、また17歳の私が問いかけてくる。 
「もしかして、結婚してたりしますか??なんちゃって」 

【17歳の自分からのビデオレター・・・】の続きを読む

skull-570975_1280


320: 創る名無しに見る名無し:2011/03/04(金) 13:42:12.83 ID:lEcKrWVG

真夜中に目が覚めた。こんな事を言っても誰も信じられないだろうが、
天井に悪魔がいてボクに話しかけた。 
「オマエに特別な能力を与えよう」 

夢だと思っていたボクは驚きもせずに聞き返した。 
「特別な能力?それはなんだい?」 
「夜の21時にウソをついてみろ。それが本当になる」 
「ウソが本当になる?」 
「そうだ。ただし今日から3日間、毎日必ず21時にウソをつけ。3日間だけウソが本当になる。」
 
悪魔は続ける。 
「唐突にウソをついてはいけないぞ。その時の会話の流れの中でウソをつくんだ。そうしなければ…」 
「そうしなければ?」 
「オマエの命を頂く。」 
命を頂く?まったく悪魔らしいセリフだな。 
「オーケー。分かった。ボクは3日間必ずウソをつくよ。でも、21時に話す相手がいなかったら?」 
「心配するな…必ず誰かがオマエに話しかける。取り引き成立だな…」 


【悪魔と契約した男が最後についたウソ・・・】の続きを読む

このページのトップヘ