ship-3666972__340

276: 名無しさん@HOME 2012/01/19(木) 23:21:47
報告者来ないから、プチプチだけど幼いころの出来事。 

私が6歳の頃、2つ上の兄が「味噌汁の温度はかってみよう!」とあほな考えを起こしたらしく 
体温計(水銀)をテーブルにあった鍋に突っ込んだ。 
当然割れる。兄は「どうしよう・・お母さんに怒られる・・黙ってよう!」と考えたらしい。 

【【水銀】子供「うん、水銀ウマい!ゴクゴク」母「いやあああああああああ!!」→こうなる…】の続きを読む

skyscraper-1985600__340

23: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2009/09/20(日) 06:55:45 ID:kTvNpNiF0
昔やったイタズラだが 
身障者用スペースにどう見ても身障者じゃない親子連れのミニバンが止まった 
キーが故障してるのか、いちいち施錠するのにキーを挿してた 
しかし身障者スペースに健常者が、しかも親子で止めても何とも思わないとはw 

【【DQN対DQN】身障者用スペースに車を停めるDQN→そこに “つまようじ” 持ったDQNが近づいてる→これからヤバい事が起こります】の続きを読む

slightly-3214923__340

23: 可愛い奥様 2011/12/04(日) 12:31:21.50 ID:pGUIX45v0
私は初婚、夫はバツ一だった。彼の連れ子を最初可愛がったが、 
我が子が生まれてからはうとましくなって、
叱りまくり、奴隷のようにこきつかった。 
病弱な夫は収入が途切れて、私は勝手知ったお水の仕事に戻った。 
その子は中学卒業とともに就職させ、給料は全部取り上げた。 
夫(彼女にとっては父親)が亡くなると、年を偽って夜のお店につかせたが、 
やがて家を離れて、音信不通となった。 
私は縁あって再婚した。今の夫にはこういういきさつはあいまいにしている。 

【【キングオブクズ】夫の連れ子(女)を奴隷のようにこきつかった。夫が亡くなるとその子を夜のお店につかせ】の続きを読む

split-1562276__340

131: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 04/01/22 21:01 ID:cXmaNSIG
今日、俺の契約してる駐車場に別の車が止まっていた。 
仕方ないので隣のスペース(ここは空き)に、その車の運転席のドアが開けられないほど密着させて止めて、 
窓に「此処は契約駐車場です。移動してください」 
という紙を挟んでおいた。 

【無断駐車するDQNさん、オレの攻撃にイッライラでワロタwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

space-3379658__340

112: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)14:51:47 ID:xBY
子供の頃、8歳離れた姉に散々馬鹿にされ八つ当たりされていた
毎日ブスだデブだと罵られ、姉の友人達が家に来た時に嫌がる私を皆の前に立たせて
「見て、これ私の妹。すごいブスでしょ?私とも他の兄弟とも似てないの、こいつだけ豚から生まれたから」
と紹介され笑い者にされた事も有る

親も他の兄弟も家族なんだからー本当はあんたの事可愛く思ってるんだよーと寝言ほざくだけで本気で止めてはくれなかった

【【触るな!】姉「可愛い~^^」私『コラ!ウチの子に触るな!』姉「なんでよ!!」私『触るな!!!』→結果】の続きを読む

smartphone-2516868__340

339: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 19:26:58.07 ID:jX6sxjBy.net
先週のバイト先であった話。 
先月から入ったバイトは、バイト初経験ということもあり、緊張と不安で沢山迷惑をかけてしまってた。でも職場の人はいい人ばかりで、仕事もとてもやり甲斐を感じるし、何より楽しく仕事ができてた。 
仕事というのは主に接客なんだけど、先週若い夫婦が来店してきていつものように接客してた。だけど女性のほうの声があまりに小さく、なかなか聞き取れなかったので何度も聞き返してしまった。

【【涙が止まらない】客「ガミガミ」私「すみません!( ; ; )」→男の人がスッ!とスマホの画面を見せてきた→私号泣】の続きを読む

starcraft-1594482__340

538: 可愛い奥様 2011/11/01(火) 20:12:28.11 ID:jyK4aTgQ0
田舎の暴走族のマスコットをしていた。 
16から18までで、かれこれ十年ちょっと前。 
高校卒業して就職し、夫と出会って結婚。 
夫が初めての人だから、族にいたなんて言っても信じてもらえなさそうで 
これからも黒歴史として封印していく。 
今も族にマスコットっているのかなぁ…。 

【【DQN歴史】十代の頃、「田舎の暴走族のマスコットをしていた」なんて、夫には言えない…】の続きを読む

このページのトップヘ