landscape-2142937_960_720

829: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:23:16
従兄の披露宴に出席したときの話ですが、 
花嫁が音大の声楽家を卒業した人で、 
最後の手紙朗読の代わりに歌を披露しました。



歌詞が日本語ではなかったので、 
その時は何と歌っているのか分からなかったのですが、 
メロディがとても美しかったので、CDを入手したいと思い、 
式次第に書かれた曲のタイトルをぐぐってCDを買いました。 
CDに添付された歌詞の日本語訳を読んでびっくり。 
「呪われた私の親は、私を狭い牢獄に閉じ込めていたいようだが、 
いまこそ自由を手に入れるときだ」というような内容でした。 
どんな両親の元に生まれ育ったのか詳しく知りませんが、 
花嫁とその両親との間に、なにか確執があったのかもしれません。 
披露宴自体は何事もなく執り行われましたが、 
後日サムい想いをしました。



830: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:24:17
声楽家→声楽科
誤字ごめんなさい



832: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:27:44
>>829
すげー、意味分かって歌ってたんだよね。



831: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:27:06
>>829
なんて歌?



833: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:31:30
>>831
とあるミュージカルの中の一曲です。
元ネタはドイツ語ですが、翻訳されて日本でも最近上演されたようです。
関係者が見てるとやばいので、これ以上は自粛スマソ



838: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:51:17
>>829
エリザベート?



839: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:55:24
>>838
惜しいですが、違います。



842: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 09:21:03
>>839
んじゃ、モーツァルト?そんな歌詞のあったっけ?



843: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 10:46:03
モーツァルト!かマリー・アントワネットじゃまいか?



836: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:46:03
ただ単に新婦が両親を憎んでたって話しじゃん。だから
「コイツ等ドイツ語どうせ知らないし」って感じで歌ったんでしょ。



840: 愛と死の名無しさん 投稿日:2006/11/18(土) 01:58:57
私も親に送ってやりたいから知りたい<呪われた親のか歌


引用元:https://www.2ch.sc/