2018年01月

invisible-13955_1280


16/07/31
昨夜のことなんだけど、寝れないので夜1時ごろポケモンGOしながら近所の川沿いをブラブラ散歩してた。

結構暗かったけど、遠くの街灯りがうっすら届いてたし、もともと深夜の散歩が趣味だったから歩き慣れた道だった。

良くないことだけど、他に通行人もいないからいいやと思って歩きスマホしてた。

しばらくスマホ見ながら歩いてて、ふと顔を上げると、すぐ目の前に坊主頭でスーツのオッサンが川の方向いて立ってた。

【【ヒャッ】坊主頭でスーツのオッサンが川の方向いて立ってた・・・】の続きを読む

skull-476740_1280

15/02/18
私が小学生のとき父方の祖母が亡くなって、お葬式をした時の話なんだけど。ずっと気になってることがあるので投下。

父は次男だけど、長男の叔父は私が生まれる前に物凄い借金を作って家に大迷惑を掛けたとかで絶縁されてたらしい。

でも、実の母の葬式ということでその時だけ顔を出してた。奥さんも連れてきてた。私は2人ともその時初めて見たけど、奥さんは普通のおばさんという感じだった。


【私の叔父が人骨を食べた理由・・・】の続きを読む

time-2801595__480


756 :本当にあった怖い名無し:2010/02/17(水) 02:25:01 ID:7MLB8CCV0

いつも待たしている彼女に迷惑だと思い、10分前にいつもの待ち合わせ場所についた。 
待ち合わせ時間になっても彼女が来ない。

 
更に、10分が過ぎた。 
不安になり彼女に連絡を入れようとしたら、彼女から連絡が入った。 
【【不思議】同じ時間、同じ場所にいた。すると信じられないことが起こった・・・】の続きを読む

※長文

forest-1281259__480


302 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/09/11(水) 07:27:53.77 ID:sXth/BcE0
今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。 
今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。
俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。
そこで地元が同じである4人の大学生と仲良くなった。 
毎晩話をしているうちに免許合宿が終わったらお祝いもかねて何処かにドライブに行こうという話になった。
無事全然免許を取得することができ、後日ドライブの日程を決めようということで解散した。

後日LINEで連絡を取りあい、日程をきめた。
その日親の車を使えるのが俺だけだった。
他の4人は住んでいる所も比較的近くだったため、どこかで集合し原付で俺の家までくることになったようだった。
4人のうちの1人にアルバイトがあったため夜中の1時に俺の家に到着というプランだった。

【【ゾッ・・・】友人たちと免許をとった。まさか、こんなことになるなんて・・・】の続きを読む

portrait-3022531_1280


608 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2008/09/25(木) 17:08:27 ID:CEzk0ISA0
小学生の頃 
放課後、友人Tと校庭での遊びを終え教室に戻ると 
オカルト好きなB子と数人の女子がコックリさんをやっていた。 
当時「学校の怪談」と言う本が馬鹿売れしていて、ちょっとしたブームだった。 
中でもB子は自称霊感少女であるらしく、 
「コックリさんをやる時は私がいれば大丈夫。何か取り憑いても私が御祓いしてあげる」 
と言って、みんなから慕われていた。 


【【コックリさん】友人が呪われた→このあと予想だにしない展開に・・・】の続きを読む

glass-975494__480


553 名前:名無しさん 投稿日:02/01/07 06:13

半年くらい前、仕事で遅くなった時のこと。 
夜1時半くらいにマンションに帰り、エレベータを降りて、自分の家に向っていた。 

【【ガクブル】ドアから聞こえてきた音に身体が震える・・・】の続きを読む

train-19640_1280

38 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 07:04:42.49 ID:pCNmOBXn0

十年程前、金と時間のわずかな余裕が人生史上珍しく出来たことがあって、蒸気機関車に乗りまくりましょうな時期があった。


自分はカメラ担当、友人1はビデオ、友人2は音だけ録りたいとかで、一緒にいるのが恥ずかしいような、ワケわからんな機材装備で毎回やって来た。
鉄オタで知らない者同士、たまたま居合わせた所で和やかに会話することはままあるが、自分はそういうの苦手だから、必ず友達と同行するってのもあるし、何より唯乗るのや眺めるのは幾らでも桶だがガチでコアなヲタではないから、細かな知識がなくて話しかけられても、たいして答えの用意がないわけだ。 


だから、友人2がそういう場の応対担当な役割だった。後日お約束の日にまた集まってビデオ録画見ようというわけで、日常生活に戻った。 
【【震える】友人が録音した音にオレ史上最恐の出来事が・・・】の続きを読む

このページのトップヘ