2018年02月

    teddy-bear-440498_1280


    946 :本当にあった怖い名無し:2006/04/12(水) 10:12:00 ID:cr2+0dQ+0
    私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 
    手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。 
    祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。 
    そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。 

    私は母に虐待されて育った。 
    飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻された。 
    気が済むまで殴られる、安全ピンでお尻を刺される、冬に水風呂に入れられる。 
    煙草を吸わされ背中を灰皿にされる、食事を抜かれる、家に入れてもらえない。 
    私に向かって拳を振り上げる母は、喜んでいるように見えた。 
    父は見て見ぬ振りをした。 
    失敗して叱られ何度も蹴られる私の横で、テレビを見ながら食事をしてた。 
    終わると、「お母さんの言うことをちゃんと聞きなさい」と言った。 

    【私は母に虐待されていた。いつも助けてくれた祖母が・・・】の続きを読む

    PKIMGL0433_TP_V


    948 :946:2007/05/07(月) 23:58:25 ID:GNRW9eX20
    私は長目に休暇が取れたので、同窓会の開催日よりも早目に上京し、当地に住む友人宅に逗留していた。 
    そして、当地に住むもう一人の悪友と3人で問題の売春街に繰り出す事になった。 
    期待に胸と股間を膨らませた我々3人は売春街の外れの私鉄のガード下にバイクを停めると、遊び相手の女の子を物色する為に街を徘徊して回った。 

    壊滅前のその町は、燃え尽きる蝋燭の最後の輝きのように凄まじいばかりの活況だった。 
    所謂「裏風俗」であるのに、まるで縁日か初詣のような人出。 
    飾り窓?に立っている女の子も中国人、タイ人、台湾人、ロシア、コロンビアなど国籍・人種も様々でバラエティに富んでいた。


    【【18禁】旧赤線地帯で白いキャミソールの女を見た。←コイツが本当にヤバいやつ・・】の続きを読む

    PAK752_hakisaretajitensya15045306_TP_V


    495:1/4[]投稿日:2009/03/08(日)06:08:21ID:qGaC514iQ
    去年の夏、怖い体験をしたので書かせてもらう。

    俺は大学2年で、夏休みなどは地元に帰っているんだが、地元にいる親友(Aとする)の家に遊びに行く約束をしてたんで、夜中の2時過ぎにAの家へと自転車で向かっていた。

    俺の実家とAの家の間には廃墟となった病院があるんだが、Aの家に行くためにはその病院の横を通らなきゃならない。

    496:2/4[]投稿日:2009/03/08(日)06:10:43ID:qGaC514iQ
    俺が自転車でその病院の横を通ろうとしていると、前から人が歩いて来るんだよ。『こんな時間に誰だろ』って感じで見てたら、現れたのはAなんだ。

    『あれ?Aじゃん。久し振り』って声を掛けたんだけどスルーされてさ。そのまま目の前を横切って病院の入口に入って行くんだよ。


    【夏休みに地元の友だちと会う約束をしたんだが、これはマジでトラウマ・・・】の続きを読む

    HO_15398031479_82fa17825b_o_TP_V


    105 :本当にあった怖い名無し:2012/11/01(木) 02:46:52.65 ID:ONQeCqwh0
    俺が3年程前まで働いていたパチンコ屋の話。
    場所は神奈川県某所、国道沿いに立つボッタ店。 

    客からチョコチョコ噂は聞いていた。
    便所が勝手に流れたとか夜中にパチンコ台が動き出したとか。
    まぁパチンコ屋に付きものの他愛もない話。 
    特に気にしていた訳でも無かった。あの日までは。 

    その日は新台入れ替えでスタッフ全員が遅くまで仕事をしていた。
    ようやく入れ替え作業が終わり1階の休憩所(二階建てで一階が休憩所と社員の寮になっている)でスタッフ達と談笑していた時の事だ 

    休憩所の店長室からの直通電話が鳴った。
    当時リーダーと言う立場の俺が電話を取ると店長が不思議そうにこう言った 

    「駐車場の鍵しめたよね?」 


    【夜中にパチンコ屋の駐車場に不審な車が。→この後、身の毛のよだつ展開に・・・】の続きを読む

    hoodie-691449__480


    昔あった事を簡単に話してみる。

    前置きが長いがちょっと聞いてくれると嬉しい。始めに言っておくが俺は正気だし、脳の病気を抱えてたりはしない。

    ちょうど今頃の時期。何か連絡しなきゃいけない事があって、出先から電話をかけようとしたら、携帯がなかったんだ。

    仕方ないから電話ボックス探して、十円玉を入れ、電話。電話が終わって電話ボックスから出ようとしたら、黒いパーカー着て、フード被った人が出入口の前に立ってた。電話待ちかと思って
     
    「あ、すいません」

    って小さく言って電話ボックスから出て、さっさと行こうとしたら、つかまれた。腕をつかまれた。

    【【恐怖】お前は誰だ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ