2018年02月

    PAK42_asanohomenorassyu1323_TP_V4

    95:本当にあった怖い名無し:2011/07/04(月)21:39:10.08ID:649pgrFK0
    実体験を。

    その日、俺は駅のホームで電車を待っていた。ホームにほとんど人はいなく、俺の5mくらい横にはカップルがいた。俺もカップルもホームの黄色い線内側ギリギリに立っている感じ。

    カップルは楽しそうに話をしていた。見ると女の子が可愛い感じだったので、俺は、うらやましいな~って気持ちだった。

    通過列車が来たので、俺は自然と電車の方を向いた。電車が来る方向にカップルがいたので自然とカップルも視界に入っていた。

    電車がカップルの前にさしかかろうとした時、女の子が彼氏を見ながら満面の笑みで電車に飛び込んだ。

    【電車に飛び込み自殺をした女性の顔に身の毛がよだった・・・】の続きを読む

    subway-2599115_1280


    429:1/2:04/08/1419:38ID:KiFLP1do

    大学時代の友人から聞いた話。


    当時友人(仮にAとします)は、新大塚で一人暮らしをしていました。
    本当は大学のそばに住みたかったらしく、春日・本郷などを色々探した結果条件に合うものがなくやむなく大塚にしたそうです。

    彼はよく有楽町・銀座・新橋などで遊び歩き、終電で帰ってくることも少なくなかったようです。


    Aはその日も有楽町で遊び歩いて、終電で帰ることにしました。
    普段なら、有楽町線で帰るところですが、なぜかその日に限って銀座駅まで歩いて丸の内線で帰ることにしたそうです。


    まあ、護国寺駅よりは新大塚駅のほうがアパートから近かったこともあるのでしょう。
    その日は、終電であるのに関わらず電車はがら空きでした。

    【丸ノ内線の終電で家に帰るときの話。→ウトウトして、ふと周りをみると・・・】の続きを読む

    bukimi1227IMGL2374_TP_V


    258 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2008/09/21(日) 03:17:19 ID:G0lBhYvz0
    8歳ぐらいのときに体験した話。 
    俺の住んでいた近所に市営住宅があったんだけど、そこはなぜかエレベータに二階のボタンが無かった。 
    なのに二階は存在していて外から窓越しに二階を眺めると木の天井が目に入ったのを覚えている。 
    なんというか、子供ながらに気味が悪いと感じたし、寒気がした。 

    その二階へは階段からも行けないようになっており、階段の途中で二階へ通じる扉もなかった。 
    その住宅に住んでいた友達Aは「あそこにはルンペンがいるらしいぞ!」って冗談で言いながら笑ってた。 

    ある日、そろばん教室の帰りで夕方6時ごろだったと思う。 
    例の市営住宅は帰り道なんだけど、前を通るときに誰かに呼ばれた気がした。
    立ち止まって市営住宅に目をやると、二階の窓が目に付いた。 
    中では白い人影が右へ左へと行ったり来たりしていた。 
    するとたまたまそこをクラスの友達Bのおばちゃんが通りがかったので「おばちゃん、あそこに誰かおるで」って呼び止めた。


    【市営住宅から手招きする人影が。気になって入っていくとマジでヤバいことに・・・】の続きを読む

    hospital-661274_1280


    136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/09/26 14:57
     私は雑誌関係のライターをやっているものです。 
     なんとか食えてるという程度で、売れっ子というわけでもありません。 
     オカルト関係の仕事をやっていると、自分自身が奇妙な体験をすることもあります。 
    -------------------- 
     東京のある大学病院に取材へ行った時のことです。 
     この仕事自体はオカルトとは関係なく、健康雑誌の仕事でした。 
     協力者の医師とは、小会議室で13:30からインタビューし14:30に終了。 
     医師と軽く雑談し、15:00に小会議室を出ました。 
     この大学病院は、山の斜面というか坂の途中に建っていて、旧館と新館に分かれています。 
     少々、判りにくくて、坂の途中にあるので、階数が入れ違っているような感じです。 
     でも、まあ、来る時はすんなりと来られたのだから、帰る時もそんなに困りはしないだろう、と‥‥ 

    --------------------

    【【不思議】ある大学病院に取材へ行った。→どれだけ歩いても外に出られず・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ