2018年02月

    pipe-wrench-318083_1280

    20:本当にあった怖い名無し:2006/04/05(水)20:40:06ID:U2OuVqEI0

    ゆうべ怖い夢見た。 

    寝室外の廊下から、洟をすする音がする。 
    聞き間違いだろうと思いつつ引き戸を開けると、作業服の男がビニールホースを持って立っていた。 

    男は俺を見て

    「ああ・・・配管のチェックなんすけど・・・」 
     
    「ほら、このホース、きれいなもんでしょ」

    とか言った。 


    【配管工の男の夢を見た。起きてもっとゾッとすることがあった・・・】の続きを読む

    transport-system-3096999_1280

    907 名前:関西人 投稿日:2001/05/09(水) 14:51

    今から4年ほど前の今ぐらいの季節の話です。 

    夜の11時頃、東大阪まで彼女を車で送って、奈良の自宅へ帰ろうとしていたんですが、
    阪奈道路の登り道に入ってすぐちょっと眠気が出てきたため、空気を入れ換えようと指が出る程度に少し窓を開けました。 
    平日だったので周りには他の車が走っておらず、とても静かでした。 

    2,3ヶ月前ににねずみ取りにやられたばかりでそれ以来おとなしく走っていたのですが、
    この時間で周りに誰もいないし、この道はねずみ取りの場所が決まっていたのでちょっとアクセルを踏み込んで夜景の見える場所まで飛ばそうと考えました。 
    【夜中、高速の脇道で車を停めた。→後ろから男の声が聞こえてきた・・・】の続きを読む

    slovenia-2674223_1280

    275 名前: 本当にあった怖い名無し 2005/06/23(木) 00:51:29 ID:29yFzDUo0 
    山といえば山梨だ、といって、一人で山梨県に行ったことがあった。 
    ただ、山は好きでも登山は好きではなかったので、車で際どい山道をずっと走ることにした。

    県境を越え、いざ山梨県に入ったかと思うと、いきなり大雨が降って来た。
    僕の車ではワイパーを最速に動かしても、とてもじゃないが前が全く見えない。
    できるだけスピードを落とし、ライトをハイビームにしてゆっくり進んでいると、急に雨がやんだ。
    一休憩しようと思って、道沿いに大きなラーメン屋を見つけて入り、店の人に

    「さっきは凄い雨でしたねぇ」

    と言うと

    「雨?雨なんて降ってませんけど…」

    と言われた。

    【山梨の山道をドライブした時に不思議な体験をした・・・←これが俗に言うパラレルワールド??】の続きを読む

    pp_kaikyu_TP_V


    191 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/11/09(土) 14:05:53.64 ID:fH/aSlNG0
    先日、現役のアメリカ海兵隊士官さんと仕事の都合で話をしたんですが、その時に聞いた話が結構えぐいので書いておきます。 
    新兵を訓練する際に何度も出る話だそうですが、いわゆる先頭慣れした頃に陥る自信過剰って奴の1つで、 
    敵方が逃げ出し始めた時に、戦線を崩して追いかけ始めてしまう奴が出るんだそうです。 

    戦線と言うより戦列と言うべきなんですが、銃を構えた兵士が横一列に並ぶのは味方同士が打ち合わない為に非常に重要な事なんだそうです。 
    そりゃ、だれだって味方に打たれて戦死なんていやですからね。パープルハート勲章も貰えないし。 

    時は1945年。小笠原諸島の南に浮かぶ絶海の孤島。硫黄島。 
    この島を巡って血で血を洗う激戦が行われたのは皆さんもよく知る所でしょうが、私が話をした士官さんはおじいさんが従軍されたそうで、その時のエピソードをよく聞いたそうです。
    曰く『どんなに不利だと思っても日本兵は投降しない』とか、或いは『日本兵は最後の一人まで勇敢だったとか』 
    んで、その中に出てくる話ですり鉢山攻防戦ってのがあるんだそうですけど。
    あれです、映画、父親達の星条旗のあのシーンの山です。 

    【硫黄島で戦ったアメリカ兵が体験した日本兵の執念・・・】の続きを読む

    020horror0523_TP_V

    572名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/03/25 01:05
    4年前の3月の出来事です。

    僕は車を使った外回りの仕事をしています。
    外回りの仕事をしている人は、お気に入りの昼寝ポイントという場所があると思います。
    僕のポイントはかなり大きめの公園で、四方を道路が囲んでいます。

    南側以外の道路は公園の周りを意味無くまわっているだけで、運送関係の人や僕のような人間の絶好の昼寝ポイントとなっていました。昼間は常に昼寝をする人たちの車で溢れている場所でした。

    その日は19時くらいで会社に戻る途中のことでした。会社に戻る前に少し寝てから戻ろうと思い、いつものお昼寝ポイントに車を止めました。日中あれだけ車で溢れているこの場所も、夜になると僕以外に止まっている車はありません。

    2時間くらい寝てから会社に戻ろうと思い、携帯電話のアラームを21時にセットして僕は仮眠をとることにしました。

    【車の中で昼寝してたら、中を見てくる奇妙な人が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ