2018年05月

PPW_engawatonaraberaretazabuton_TP_V


946 体験団 sage New! 2006/11/30(木) 03:06:09 ID:7c11OZSMO

最近、PCが故障したんだがそれで思い出したことを書く。
 
三年ほど前、その日は夕方ごろから寝てたんだ。 
起きたらもう真っ暗で、時計は2時を回ってた。
 
水でも飲もうと思い、体を起こそうとしたけど首しか動かない。 
ああ、頭だけ先に起きた状態なんだな。これが俗に言う金縛りか。
 
なんてわりと冷静に、真っ暗の部屋で身体が起きるのを待ってた。 
しばらくすると違和感を感じた。何か聞こえる。
 
耳を澄ますと、小さい子供の声で

「カゴメカゴメ」

を歌っているのが聞こえた。 
むしろ俺の枕の真後ろから聞こえる。 


【深夜2時、金縛りになった。すると子供の声が聞こえてきたんだが・・・】の続きを読む

texture171030IMGL0845_TP_V


49 :創る名無しに見る名無し:2010/09/23(木) 18:50:23 ID:08rYe5hE
「ねえN子、最近パパの様子がおかしいのよ」 
携帯から聞こえる母の口調は弱々しいものだった。 
「え、病気?」 
「よくわからないんだけど…」 
「いったいどうしたの?」 
「記憶がだんだんと無くなって行くみたいなの」 
「ええっ!アルツハイマー?」 
「そうなのかしら」 
「記憶って、どんな?」 
「家族のこと…昔のこと…」 
「どうしてわかったの?」 
「最近やたらといろんなことを聞いてくるようになったの。『お前の誕生日いつだったっけ』とか 
 『昔遊びに言った遊園地ってなんていう名前だったっけ』とか」 
「それただの物忘れじゃないの?」 
「私も初めはそう思ってたんだけど、今日ね…」 
「うん」 
「『お前の名前なんだっけ』って言うわけ。私悲しくなって…でも『何言ってるのよK子ですよ』って 
 笑ってごまかしたんだけど…」 
「ママ、早くパパを病院へ連れて行ったほうがいいわよ」 
「ええそうね、そうするわ」 


【父がアルツハイマーになった。怖くなって実家に戻ってみると・・・】の続きを読む

kokubankaku_0I9A2307_TP_V


47 :創る名無しに見る名無し:2010/09/23(木) 15:49:20 ID:08rYe5hE
今日はもう一つ、いいオチではないんですけど… 

【世界がもし100人の村だったら】 

「『世界がもし100人の村だったら』のみなさんの感想文、読ませていただきましたよ。 
 とってもよく書けていました。じゃあ今からお返ししますね」 

「M子ちゃん、ちょっと」 
「はい、先生」 
「少しお話があります。放課後、職員室まで来てくださいね」 
「はい…」 


【読書感想文について先生が放課後に生徒を呼び出した結果・・・】の続きを読む

man-2877136_1280


361 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/12/13(金) 04:57:12.78 ID:qc8gAIXi0
血がつながっていない遠縁に、やたらトーシツ(統合失調症)が多い一族がいる。 
多分遺伝だろうと思うんだけど、だいたいパターンは同じで 
学生時代は県で1、2番を争うほどの神童(医者や大学助教授になった人もいる)。 
30歳前後から少しずつ様子がおかしくなるんだ。 

その中に一人、現在60代後半のオジサンがいる。 
このオジサンは日常生活も困難なほど言動がおかしいのに 
投機だけは予知能力があるのかと思うほどズバズバ当てるんだ。 
【統合失調症のオジサンの話。でも一番怖いのは・・・】の続きを読む

cheers-839865_1280


94: 創る名無しに見る名無し:2010/10/09(土) 22:22:08 ID:d+ojtWDQ

その部屋には、一人の男が一日中酒を飲んで過ごしていた。 
とは言っても、今日は休日ではない。男はかなり前から会社には行っていなかった。 
普通は、すぐにお金に困るはずだが、男はそうならなかった。 
彼は鞄を持っていた。それは少し大きめでの色あせた、時代を感じさせる鞄だった。 

もう一年ほど前になるだろうか。男がまだ会社にきちんと勤めていた頃。 
彼はとても真面目な人物だった。真面目に働き、誤魔化しをしない。
嫌がられている仕事を進んでやる。良い人の良い所ばかりを集めたような人物だった。 

【一日中酒ばかり飲んで過ごしていた男の最後・・・】の続きを読む

restaurant-1799414_1280


67: 創る名無しに見る名無し:2010/09/26(日) 14:43:39 ID:EuUadzBO
F博士の研究室 

「よしっ、これで完成じゃ」 
「博士、今度の発明は何ですか?」 
「キミにはこれが発明品に見えるのかね?」 
「いいえ、ただのハンバーグに見えます」 
「そうじゃろう。どうもキミはわしが『完成じゃ』と言うと必ず何かを発明したと思うようじゃな」 
「一種の職業病ですかね」 

【裏切りを起こした発明家の助手の末路・・・】の続きを読む

このページのトップヘ