229: 名無しさん@HOME 2009/12/13(日) 07:02:36 0
私が高校生の頃、祖母の家に遊びに行ったとき、納戸で古いアルバムを見つけた。
アルバムを開いてみると、それは我が家のアルバムらしく
そこには今より随分若い父と母が写っていた。

わー、うちのアルバムなんだ。
そう思ってページをめくり続けると妙なことに気が付いた。

え?え?何これ?

写真には父と母が写っていた。
けど、年齢的に絶対写っているはずの
年の離れた姉の写る写真は一枚もなかった。
姉の代わりに写っていたのは、スポーツ刈りの見知らぬ少年だった。
その少年の写真は、七五三から幼稚園でのお遊戯会、小学校の入学式、運動会まであって
家族旅行などの写真まである。
写真の構図や写真の枚数から考えても、アルバムの主役はその少年、
父母は常に少年の側に立つ脇役といった感じだった。

どう考えても、親戚のような遠い関係じゃないし
いくらなんでも、親戚の七五三や運動会までうちの親が顔出すなんて不自然。

きっとうちの親とは家族並みに親しい関係なんだろうけど
でも、姉と同年代のその少年に、私は心当たりがない。
そもそも、姉の写真が一枚もないのもおかしい。

ちなみに、我が家の写真はアルバムに整理されて、我が家にある。
他の写真とは隔離されて、祖母の家で保管されていたこのアルバムには
何か深い訳があるように思えた。

一人薄暗い納戸で考え込んでしまった。
230: 229 2009/12/13(日) 07:07:30 0
しばらく一人で悩んだけど、
結局、数日後、母に聞いてみることにした。

母の話は複雑な顔をして考え込んで、
しばらくの沈黙の後、真相を教えてくれた。

母が言うには、あのスポーツ刈りの少年は、小学校時代の姉だという。
姉は性器の奇形のために出生時、男の子と間違えられ、
小学校までは男の子として育てられたという。

驚いて声も出なかった。

ここからは姉から聞いた話。
なんか、めんどくさいから伝聞形式で書くの止めます。
文章力無くてごめんなさい。

姉は小学校の頃、性別は男として育てられたんだけど
顔立ちが女の子そのものだったから
「男女」とか「ホモ男」とか言われて、近づくと「キモイ」などと言われて
いじめられていた

私だったら、ショックで学校行かなくなってるところなんだけど
そこは努力家で忍耐強い姉だけあって
男女と言われないように、精一杯男らしくして頑張ってた。
髪はいつも短くして、サッカーや空手なんかもしたりしてた。
231: 229 2009/12/13(日) 07:13:43 0
だけど、どんなに努力しても、やっぱり元は女の子。
短距離走のタイムなんかも、徐々にクラスの男子から離されていって
小学校中学年になる頃には、下から数えれば5本の指で数えられたし
サッカーなんかしても、体力続かなくて、男子と一緒に最後まで走ったりできないし
空手なんかも、体は柔らかいから足は上がるけど、
やっぱり男には敵わない。

成長するにつれて、姉は次第に女らしい顔付きになり、
体つきも、いくら鍛えても女みたいに華奢。
成長して男女の違いが顕著になるほど、姉は運動音痴になっていって
「男女」と呼ばれることも増え、悩みも増えていった。

本当は刺繍やビーズなんかにも興味あったけど
そんなものに興味を持ってるなんてことが、クラスの人に知られたら
間違いなく「男女」とからかわれる。

そう思った姉は、興味があっても、
決して女の子の趣味には手を出さなかった。

テレビに映るアイドルグループを見て、ときめくこともあったけど
それがクラスに人に知られたら、間違いなくホモ扱いされて、更にいじめられる

からかわれて、不細工男子とキスさせられそうになった苦い経験もあったし
そんな思いをもう一度するのが嫌だった姉は、
ジャニ系アイドルに興味が沸いても、決してそんな素振りは見せなかった。

誰にも相談しなかったけど、でも密かに姉は
男女とか、ホモとか言われる自分が、実は評判どおり美男子好きで、
皆が言う通りの変態男だったということに、姉は深いショックを受けてた。
テレビでアイドルを見て、アイドルにときめく自分に気付く度に
自分が変態だということを思い知らされ、姉は一人苦しんでいた。
233: 229 2009/12/13(日) 07:17:08 0
姉がアイドルに目を奪われるようになった頃、
クラスのサッカー好きの男子の一部は、教室にサッカー雑誌なんか持って来て
海外の一流サッカー選手のスーパープレーの写真を見て
「すげー」とか「かっくいいー」とか言ったりしてた。

相手がプロサッカー選手なら、
「かっこいい」と素直に自分が言っても許される。
そう思った姉は、アイドルに恋焦がれる女心を
日本国内外の一流サッカー選手に向けた。

他の男子が海外サッカー選手の名前とチーム名ぐらいしか知らない中
姉は、お気に入りの選手の生年月日や経歴まで抑えてるようになり
いつしか姉は、クラスのサッカー博士になっていた。

相変わらず「男女」とからかわれることも多かったけど
なんとかクラスでの居場所も確保した姉は
小学校高学年になって、また悩み始める。
第二次性徴が始まり、胸が膨らんできたから。

「胸が膨らんできたことをクラスのみんなに知られたら、絶対いじめられる」

そう思った姉は、包帯買ってきてサラシを巻いて
さらにTシャツは厚手のものを2枚重ねにしたりして、学校に行った。

体育がプールのときは「水が怖い」で押し通して全欠した。
姉は、必死に胸の膨らみを隠し続けた。

小学校6年のある日、姉が学校から帰って下着を見ると、
血の染みが出来ていた。
とうとう姉は、生理が始まってしまった。

幸い、その日のズボンは黒いジャージだったので、他の人には気づかれなかった。
234: 229 2009/12/13(日) 07:20:33 0
「生理が来たなんて知られたら、間違いなくいじめられる。
せっかく出来た友達も、また自分から離れていくし
これから女として暮らして、スカート履いて学校行ったりなんて、冗談じゃない」

そう思った姉は、親が帰宅する前に下着とジャージを洗い
重ねたティッシュをセロハンテープでくっ付けて
生理が来たことを隠そうとした。

でも、そんな小学生が作った応急ナプキンじゃ、なんとかなるもんじゃない
翌朝、姉はパジャマとシーツに染みを作ってしまい
母に気付かれてしまった。

何かの病気だと思った母が姉を病院に連れて行くと
母と姉は医者から
「生理ですね。この子は女の子です」
と衝撃の事実を聞かされた。

姉から話を聞いた後、母に
生理があるなら膣もあったんだろうし、
なぜオムツを代えるときに気付かなかったのか、て聞いたら、
赤ちゃんの頃、姉の膣は大き目のホクロぐらいの大きさで
窪み少しある程度のものだったらしく
そのため、医者も両親も気付かなかったのだと言う。

どうも、その後成長して膣口が次第に大きくなっていったらしい。
もっとも、大きくなったとは言っても、通常の女性と比べれば
極端に小さいものだったらしいけど。
235: 229 2009/12/13(日) 07:23:15 0
一口に性分化疾患といってもタイプは様々。
姉は、このまま成長すれば、どんどん女性らしくなっていくタイプらしく
今後、男性として生きるのは難しいとのこと。
医者は姉に、今後は女性として生きることを勧めた。

ちなみに、医者の話では
姉よりも重度の人は、女性と分かっても
そのまま男性として生きることを選択する人が多いらしい。
また、姉と同程度の人でも、なんとか男性として生きられないかと模索するらしい。

まあ、ご近所の目や今までの友達関係なんかもあるし
急に性別変えるのって、難しいというのは分かる。

衝撃の告知に、我が家は一家揃って落ち込んだ。

「実は女だったなんて、今更言えない。言ったら格好のいじめの的だ」

そう考えた姉は、そのまま不登校児になった。
親も、姉に学校行くよう一応は勧めたけど、
姉の気持ち考えると、とても無理に登校させることは出来なかった。

結局、姉は小学校をそのまま不登校で通した。
プールは仮病で全欠だし、不登校と決めたら不登校だし
姉は意思の強い人だと思う。

これ、姉から聞くまで知らなかったんだけど、義務教育の間って
出席日数が0日でも、本人や親に卒業・進級の意思さえあれば
卒業・進級できるらしい。
私立はどうか知らないけど。
236: 229 2009/12/13(日) 07:26:58 0
その後、姉の中学入学に合わせて、母は父方祖父母との超近距離別居をやめて
姉と、まだ物心付かない私とともに、父を残して
飛行機の距離ぐらいの遠方に引越した。

姉の中学はセーラー。
誰も自分を知らない街で、姉は初めてスカートを履いて
女性として学校に行った。

頼れる友達は誰もいないし、女性として暮らした経験もない。
しかも、長らく不登校で学校なんてしばらく行ってない。
心細さでいっぱいで、登校途中に何度も引き返そうと思ったけど
母に励まされて、姉はなんとか学校に行くことができた。

姉は、必死に同性の友達を作ろうと思って頑張ったけど
一緒にお手洗いに行ったり、
「かわいい」と言われたら、必ず「えー。そんなことないよー」
と答えたりする女子特有の文化には、すぐには馴染めなかった。

加えて、今まで女の子趣味を徹底的に避けていた姉は、
女子との共通の話題があんまりなかった。

姉の悪い予想通り、
姉は、クラスの女子の間で浮きがちになった。

でも、元は男子なだけあって姉は
漫画にしろスポーツにしろ、男子との話題には事欠かないし
男子と一緒にいる方が慣れている分、心理的にも楽だった。

つい昔の癖で、男子と距離感ゼロで話すことも多々あって
姉は、親しく話せる男子の友達が自然に沢山出来てしまった。
特に、サッカー部のイケメン君と仲良くしたのがまずかったみたい。
237: 229 2009/12/13(日) 07:29:41 0
ただでさえ女子の間では弱い立場にいるのに
女子とはグループの輪にいるときさえ、あまり話せず、
他の女子が男子と距離を保って付き合う中
男子とは距離感なく仲良く話す姉は
次第に、女子から嫌われ始めた。

姉はまた、中学でも人間関係に苦労するようになった。
こういう人間関係の苦労は、姉が高校に入っても続いた。

姉は、男子からの人気は高かったので
中学から高校にかけて、何度か男子から告られた。
でも、姉は一度もOKしなかった。

姉が拒み続けた理由は、まだ完全に女性になりきっていないから。

姉は、学校では女性らしい通名を使っていたけど
戸籍は「女性として生活できることを確認してから訂正手続きをする」
ということで、戸籍上の名前は、男性の中でも一際男らしい名前のまま。

加えて、性器の形が人と少し違うし
膣口が小さいので、手術をしなければ性交は不可能。

女性化手術は、やってほしくても
女性として生きられることが確認できなければ
医者からは延期を勧められる。

姉は、完全な女性じゃないっていうコンプレックスのために、
すっかり恋愛を避けるようになってしまっていた。

高校3年のとき、ずっと恋焦がれていた人から告白されたんだけど
姉は、涙ながらに断った
238: 229 2009/12/13(日) 07:31:42 0
「昔は男子だったということを知られれば、
また『男女』と言われて、いじめられる」

「せっかく誰も自分の過去を知らない土地に来たのに
過去を知られてしまえば、また全てを失ってしまう」

姉の心の底には、そういう脅迫観念のようなものがあるんだと思う。
たぶん、小学校時代のいじめのトラウマだと思う。

大学3年の夏休み、姉は手術を受け、同時期に戸籍なんかも修正して
名実ともに女性となった。

姉が入院したのは私も知ってたけど
難しい年頃だった私に家族は本当のことを言わず
私は、子宮筋腫の手術と聞かされてた。

その後も色々、医者のお世話になって
姉は今、結婚もして子供もいる。

以上、高校生になるまで知らなかった姉の半生でした。
無駄に長くなってごめんなさい。
文章力ないです。
引用元:https://www.2ch.sc/