knife-2652398_1280


411名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/02/08(木)16:12:05ID:+Hf6qPeV0
1990年ちょうどあたりに、成城学園の前の通りでメッタ刺しの事件があった。

その時、オレは小学校高学年で、学校から配られたプリントで事件を知ったんだけど、まあビビったね。 

オレは塾に通っていて、夜帰ることも多かったんだけど、ちょうど事件があった時刻は、オレが塾から帰るために、その道を通る時間だったんだ。

まあ、その日はなんとなく回り道をしたくなって、通らなかったからメッタ刺しの死体は見ないで済んだんだけど。

それから何日かあって、その現場の延長線上にある十字路で、白いつなぎを着た、包丁を持ったオッサンが横切るのを見たんだよね。顔が半分ケロイドみたいになった。



オレは、別に不思議にも思わないで(まあ後から考えれば、ちょっと妙なんだが)「ああ、なんか通ったな」ぐらいにしか思わなかった。

それで、その時は何事もなかったんだけど。


412名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2007/02/08(木)16:25:51ID:+Hf6qPeV0
それから何年もたって、オレが大学生の時、地元の塾講師のアルバイトをやっていて、これまた帰りが遅かった。

川沿いの道を自転車で帰ってたんだけど、照明もあんまりない真っ暗な道で、おっかない思いしながら帰ってたんだけど。

年末の講習で遅くなって帰ってたときに、川を挟んだ向こう岸に小学校のときに見た、白いつなぎの男がいた。ように見えた。

あいまいなのは、自転車ですっ飛ばして帰ってたから、視界の横に入ったぐらいだったから。でも一瞬で小学校の時の記憶がよみがえったのは、なにか見えたんだと思う。

自転車止めてもう一度振り返ったけど、見えなかったことにして詳しく確かめもせずに帰った。

それで何日かして、そこの近所で起こったのが、世田谷一家殺人事件。オレのニセ記憶をつなぎあわせたホラ話に過ぎないかもしれんけど、実話。

あと妙なのが、オレがなぜかそのつなぎのオッサンの名前がテラダだって知ってることなんだよね。 

引用元:https://5ch.net/