DSCF0794-Edit_TP_V
215 : その5[sage] : 2009/12/27(日) 23:09:32 ID:7jwJJ7JM0
何とか旦那を説き伏せて、暖かいコーヒーを飲みながら、3人が落ち着いてきたその時。 
旦那の携帯が鳴った。奥さんの声が否が応でも聞こえてきたと言う。ヒステリックな金切り声だ。 

明らかに「殺したの?捧げたの?やったの?」と傍の叔父にも聞こえて来たと言う。 
あんなに温厚に見えた奥さんの方が、実はこの件では主導権を握っていたのだ、と思いゾッとしたと言う。 

奥さんは東京のマンションから電話をしているらしい。 
旦那は、ある程度は言い返してはいたが、奥さんの凄い剣幕に終始押され気味だったと言う。 
たまりかねて叔父が電話を変わり、物凄い口論となった。それは、一時は殺されそうになり、 
まだ片方が殺意を剥き出しにしているのだから、激しい感情のぶつかり合いになるのは至極当然だろう。 
叔父の彼女も、先ほどの涙とはうって代わり、叔父に負けじと口論に加わったと言う。 

「こりゃ将来尻に敷かれるなぁ、と思ったね、その時は」 

叔父は苦笑しながら言った。確かに今は尻に敷かれている様だ。 
やがて、叔父がたまりかねて、警察、裁判沙汰、をちらつかせる様になると、やっと奥さんも大人しくなり、しぶしぶ旦那の話も聞くようになってきたと言う。 
一応、いざこざの一段落はついた。
流石にその日は深夜になっていたので、その別荘で休む事になった。
 
「一応さ、話はついたけど、まさか眠るわけには行かないよな。あんな事されそうになって」 
暖炉の広間で、叔父と彼女が身を寄せ合って座り、離れた場所に、旦那が申し訳なさそうに座っていた。 
「明日、旦那の知り合いの業者に手伝ってもらい、クヌギの木は切り倒す事を約束してもらったからさ、それを見届けるまではな」 

3人ともその日は寝ずに、朝を迎える予定だった。夜もさらに深まった午前3時頃だったと言う。

216 : その6[sage] : 2009/12/27(日) 23:11:05 ID:7jwJJ7JM0
「ザッ ザッ ザッ」 
と、森の奥から何かが近づいてくる音が聞こえた。野生の動物か、野犬か。 
コックリコックリと船を漕いでいた叔父も、その音に目が覚めた。 
「明らかに人間に近い足音と気づいた途端、ゾッとしたね」 
最初は奥さんが来た、と思ったらしいが、あの電話を終えてからこんな短時間でここまで来れるわけがない。 

いや、あの電話は実は近くからかけていたとしたら…もしくは、他に仲間がいたとしたら…? 
叔父は寒さなどお構い無しに、全ての窓や戸を開け、アウトドア用のナイフを手に、臨戦態勢で息を殺していた。 

「ザッ ザッ ザッ」と言う音は一向に止む事はなく、明らかにこの小屋に向かっている。
 
「それから10分後くらいかな。もうな、普通にこの小屋を訪ねて来るように、玄関の戸に立ったんだよ。足音の主が」 

「○○?(妻の名前)」 
と旦那が叫んだ。が、すぐ、驚愕から恐怖の悲鳴に変わった。 

「奥さんの様で、奥さんじゃないんだよ。顔は、ほとんど同じなんだな。だが生気が無いと言うか。 
で、この真冬に素ッ裸だぜ? 
でな、最初は旦那は(妻の様なモノ)の裸に驚いて声を上げたと思ったんだよ。 
違うんだよな。肌の質感も色も、木、そのものなんだよ。で、もっと怖かったのは、左右の手足が逆についてるんだよ。分かるか? 
それが玄関に上がって来ようとしてな、右足と左足が逆なもんだから、動きがおかしいんだよ。
上がり口に何度もつっかえたりして。それが何よりおそろしくてなぁ」 

確かに想像するだけでもイヤな造形だ。

218 : その7[sage] : 2009/12/27(日) 23:12:45 ID:7jwJJ7JM0
「彼女は絶叫してたな。旦那も。明らかに、妻じゃないって確信したと思う。 
でもな、一応人間の形はしてるんだからさ。刺せないぜぇ?なかなかそんなモノを。 
やっぱ、人間の心ってリミッターあるからさ。もし人間だったらどうしよう、とか思うよ」 

それは確かに分かるような気がする。 

「でな、その(妻の様なモノ)がとうとう小屋の中に入ってきて、何か言うんだよ。 
それも、何言ってるか分からなくてな。カブトムシの羽音みたいな音を喉から出して。 
で、左右逆の足でヨタヨタしながら、俺の方に向かって来るわけだ。しかし、俺も真面目なもんだよなぁ。 
それでも最後に一応、○○さんですかっ!?って聞いたよ。さっきのリミッターの話な。 
それでも、ソイツは虫の羽音の様な耳障りな音を喉から発して、これまた左右逆の両腕を伸ばし、俺の首を絞めてきたもんだから、思いっきりソイツの腹を前蹴りで蹴ったよ。 
すると、腹がボロボロ崩れて、樹液みたいな液を撒き散らし、腹に空洞が出来てやんの。 
それで決心出来たんだよな。あぁ、これは人間じゃないから、ヤッちゃって良いんだ、ってな」
 
と、豪快に笑いながら叔父は言った。
こういう時の度胸を決めた叔父は、本当に頼もしく見える。 
不気味な声を発しながら、ソイツは起き上がって来たらしい。
叔父は、ナイフをソイツの脳天に1発、もう1度蹴り倒したら、空洞の腹を貫通し、胴体が千切れたらしい。彼女と旦那の絶叫が一段と激しくなったと言う。 

「で、腹の中から異臭のする泥やら、ムカデやら色んな虫がワラワラ出てきてさ。 
もう部屋中パニックだったな。床に倒れたソイツの人型も段々ボロボロと崩壊していって、床には泥と虫だけが残ったね。 
気持ち悪くて、ほとんど暖炉に放り込んだな。突立てたナイフがいつの間にか消えてたのが気になったけどな」


その4につづく・・・

引用元:https://5ch.net/