kumakichi0221002_TP_V


172 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/23(火) 23:16:08.24 ID:u9qLuNwI0.net 

これは俺の田舎であった実話
高校時代、俺と友人三人で近所の山に入る事になった
友人の名前はそれぞれA、B、Cとする
Aは学校では札付きのワルだったが俺とは何故かウマがあった
Bはアホだけど俺らの中ではいちばんモテてた当時彼女持ちもこいつだけ
Cは家が寺とか神社をやっていたエリートだったけど本人はいたって不謹慎w

まあこんな連中が連れ立って山に入る理由なんかひとつしかない(みなまで言わせるなw)
その日も午後から山に入ってそろそろ片付けて帰んべってなったときソレは起きた

B「うわああああ!コウちゃん(俺)これなんだよ!」

俺はまたBがくだらないイタズラでも考えたのかと思って「やれやれ」って感じでそっちの方に行ったのだが
さすがにソレを見たときは凍りついた

「AとCも来てくれ!ありゃなんぞ!」

木の影になっていて気がつかなかったのだがそこには青いテントのようなものがあった
そのテントの端から女のような白い顔だけがゴロンと飛び出してこちらを見ていた
(こんなところにテント?でもあの女の顔は白過ぎないか?)
そんなことを考えていると女の目が開いた
普通は目のあるところが真っ赤な石みたいになっていた
そして女は首だけをテントから出しながらなんかあああああと喚きだした
俺らはなんかトンデモナイものをみてしまったと感じていた

C「これ以上見たらあかん!逃げろ!」

普段は大人しいCが叫んだ
俺たち四人は一目散に山を駆け下りた

続きます
 
192 :172@\(^o^)/:2014/09/25(木)00:43:42.31ID:Ma/zdeiF0.net

続きです

AとBとCと俺は一目散に走って逃げました
あんまりメチャメチャに走ったもんだからCと俺だけ一緒で他のやつとはぐれた
んでしばらく山の麓で待ってたんだがAとBはなかなか降りてこない
山の入り口はここしかないのに何故かわからない
先に帰ったのかもと思ってCと家の方に向かいました

「しかしあのテントの女気持ち悪かとねー」

「あの女の事は誰にも言ったらいけん!ぜったいやぞ!俺らの秘密にしような!」

Cがマジな顔して言うので俺はかなりビビった

そうこうしてるうちにCの実家の寺までやってきたので親父さん(法主です)に挨拶でもして帰ろうとした
したらCの親父さん(C+とでもしときます)が凄い剣幕で俺たちに聞いてきた

「お前ら山に行ってきたやろ!何か見たやろ!」

Cが言います

「テントから白い顔の女を見た!目が真っ赤やった!あれはアレとちがうよな!親父違うよな!」

C+ことCの親父がまくしたてました

「お前ら……自分が何したんかわかってないんか!」

俺とCは怖くて動けなくなった

「とりあえずお祓いしたるからこっちこ!でも長くは生きられへんぞ!AとBみたいにな!」

俺は少し混乱した
なんでCの親父がBやAの事を知ってるの?白い顔の女は何なの?
そんなことがぐるぐる頭を回った
俺たちは言われるままにお祓いを受けたが、次の日からAとBの姿は見えなくなった

Aの母親(A+としておきます)とBの母親(B+としておきます)に一度会ったが妙によそよそしかった

CとAとBの母親の話をしたが呆然とした顔で受け流されるだけだった
それから高校を卒業して俺は地元に居辛くなって出て行ったがそれから帰っていません

あの白い顔の女は何だったのだろうか
そしてBやAはどこへ?

最近になってCが死んだという連絡が俺の母親から届いて怖くなってここに書いています


引用元:https://5ch.net/