Kazukihiro18117016_TP_V


321: 創る名無しに見る名無し:2009/02/20(金) 02:04:34 ID:XLZw2Iu2
エフ氏は飽きっぽい人だった。 
どのくらい飽きっぽいのかと言うと、
例えば新しい服を買ったと思ったら一回袖を通しただけで捨ててしまう。 

もちろん日記は幼い頃から三日坊主だし、
彼の棚や押入れには読みかけの本ややりかけのパズルが沢山詰まっていた。 
万事そんな具合だったから、エフ氏は定職に就かずにふらふらしていた。 
というよりも仕事にすぐ飽きてしまうのだ。
もしかすると、彼にとっては服を捨てるのも仕事を辞めるのもほとんど同じ事だったのかもしれない。 


エフ氏は長いこと色々な仕事に就いては辞め、就いては辞めを繰り返した。 
サラリーマンも経験したし、公務員にもなった。 
板前を目指して修業したり、大道芸人として食うや食わずの日を送ったこともある。 
また時には危ない仕事にも就き、その金で自分の店を開いたこともあった。 
しかしそのいずれも長続きすることはなく、エフ氏は次第に年をとっていった。 

ある日、電気関係の仕事をしていた時だった。エフ氏は発作を起こして倒れてしまった。 
集まった遺族に向かって彼はこう告げた。 
「わしは、一度でいいから有名になってみたかった。 
しかし、この飽きっぽい性格のため、何かをやり遂げることなどできなかった。 
それだけが、どうにも無念じゃ…」 
そう言い残してエフ氏は事切れた。 

エフ氏が死んだ翌年。世界の様々な記録を記した本が出版された。 
本は面白いと世界中で評判になり、空前のベストセラーになった。 
その中には「世界一多くの仕事をした人」として、エフ氏の名前が大きく書かれている。 


引用元:https://5ch.net/