PPP_mukishitunaakaibenchi_TP_V


499: 創る名無しに見る名無し:2009/04/06(月) 17:49:08 ID:xUUmL6wJ
NとSという二人の青年が机を挟んで向かい合わせに座っていた。 
Nは文庫本を読んでおり、Sは机にの上に置いたノートパソコンで大学のレポートを書いていた。 

「実はさ」不意にNが言った。「君にちょっと悪戯をしたんだ」 
「どういう悪戯?」Sがキーボードを打つ手をやめ聞き返す。 
「まぁリラックスして聞けよ」 
「いいけど……うわぁ!!」 

Sが椅子の背もたれに体重をかけた瞬間、背もたれはSの体を支えることなく後ろへ倒れ、
Sもまた椅子から転げ落ちてしまった。 

「君がさっきトイレに行ったとき、背もたれを壊しておいたんだ」Nが笑いながら言う。 
「ひどいなぁ。しかし、僕は怒らないよ」 
「どうして?」 
「僕も悪戯をしたからさ」Sは椅子に座りなおすとニヤリと笑った。「君がトイレにいってる隙にね」 

二人は互いに大の悪戯好きで、いつもどちらが凄い悪戯をするかを競っていた。 
椅子の背もたれなど、まだかわいい方だ。Sの悪戯でNの家が警察に包囲されたこともあったし、
Nの悪戯が原因でSは恋人にフラれてしまったこともある。 

「で、君はいったい何をしたんだい?」Nは尋ねる。 
「そのうちわかるさ。先に言っちゃあ面白くない」 
「まあ、そうかもね。しかしいったい何だろう?」 

そう言ってNはペットボトルのお茶を飲んだ。飲んだ途端Nは顔をしかめる。 

「やったな」NはSを睨み付けた。「何を入れた?」 
「しょうゆ適量、塩こしょう少々」料理番組の解説みたいにスラスラとSが言う。 
「道理でしょっぱいはずだ」Nは毒づく。「しかし、僕の悪戯は背もたれだけじゃないんだぜ」 
「僕だってそうさ、他にもある」Sも負けじと言う。「例えば、君のその本」 
「これかい?」 
「有名な推理小説だよな。その本の謎解きのページを切り取っておいた」 

「あ、本当だ」Nはページをめくり叫んだ。「ひどいことをするな、犯人がわからなくなてしまった」 
「それなら大丈夫」Sがニヤリと笑う。 
「どういうことだい?」 
「登場人物紹介のページの、犯人の欄に赤ペンで丸をうっておいた」 

「どれどれ……ああ、こいつが犯人だったのか。しかしこれじゃあ読んでいた甲斐がないというものだ」 
「まあ、今日のところは悪戯勝負は僕の勝ちだな」Sが勝ち誇ったように言った。 
「それはどうかな?」本を閉じるとNは言った。「僕にもまだとっておきの悪戯がある」 

そう言うと、NはSのパソコンを指差した。 

「これ?」 
「そう、そのパソコンに悪戯をしたんだ」 
「どこにだい?」パソコンを調べながらSが首をかしげる。 
「実はね、爆弾を仕掛けたんだ。そのパソコンに」 
「ええ!?」Sは驚く。

「ひどいことをするなあ、これは高かったんだぜ。それに何より、危ないじゃないか」 
「大丈夫。この机の近くにいたら危ないだろうけどさ、すぐ逃げれば怪我はしないさ」 
「でも、やっていいことと悪いことがあるぞ」 
「まあね。しかしこれで僕の勝ちだ」Nは自慢げに言った。

「さて、あと一分ほどで爆発するからそそろ逃げようか」 
「後悔するぞ」Sが悲しそうに言った。 
「どうしたんだい? 確かに爆弾はやりすぎたかもしれないが……」 
「実は僕ももう一個悪戯をしたんだ」 

椅子から立ち上がるとSは言った。 

「君の椅子とお尻の間にさ、接着剤を塗っておいたんだよね」 


引用元:https://5ch.net/