pen-1743189_1280


268: 創る名無しに見る名無し:2012/11/12(月) 18:37:15.69 ID:PsIkqJGI

『…という訳で一週間後にあなたの命を頂いていきます 
それまで身の回りの整理をしてて下さい』 

軽い口調で死神はR氏にそう言った。 

「私があと一週間の命で、あなたに殺されてしまうのは諦めましょう 
でも一つだけ心配事があるのです」 

R氏は不安そうに死神に言う。 

「やっぱり死ぬ時は痛いんでしょうか?出来れば何の苦しみもなく死にたいのですが…」 

『ご安心下さい、何の痛みもなく一瞬で死ねるコースと 
ものすごい激痛を伴いながら死ぬコースと2つ用意しています 
楽に死ねるコースで良いですね?』 

「コース?は、はい、それで良いです…」 

『分かりました!では一週間後!』 

そう言い残して死神は消えていった。 
変な死神が来てしまったと不安になるR氏。その時後ろから声が聞こえた。 

『署名お願いします』 

R氏が振り返ると白い服の見たこともない男がいる。 
足元を見ると宙に浮いている。幽霊だということはすぐに分かった。 


269:創る名無しに見る名無し:2012/11/12(月) 18:39:14.76 ID:PsIkqJGI

「やれやれ、死神の次は幽霊か…いよいよ人生終わりだな 
今、署名と聞こえたんだが一体何の署名なんだい?」 

幽霊の男は答えた。 

『実は今あの世で刃物を投げ合うのが流行ってるんです』 

「刃物を?」 

『はい、ナイフや包丁です。幽霊は死にませんが刺さるとすごく痛いんです 
あまりにこの遊びが流行り過ぎて、ついに刃物を法律で禁止させる運動が 
あちこちで起こってるんです』 

「もう無茶苦茶だな…どうなってるんだあの世は…」 

『あなたの1票で禁止派が勝てるんです、署名お願いします!』 

R氏はバカバカしいと思ったが、よく考えたらあと一週間でそのあの世に行くのだ。 
そんな治安の悪い狂った世界に住まなきゃならないと思うとゾッとした。 
R氏はすぐに「刃物禁止」に署名をした。 

「ふう…これで快適な死後を送れる…」 

一週間が経ちR氏の所に死神がやってきた。 

「やあ、待っていた…というと変だが、ついにこの時が来たという感じだ 
約束通りに痛みもない楽なコースで命を奪ってくれ」 

しかし死神の様子がおかしい。 

『いや、それが…』 

「どうしたんだい?」 

『一瞬で命を奪う事が出来る死神の鎌というのがあるんだがね… 
最近、刃物の使用が法律で禁止されたんだよ 
悪いけど苦しいコースで死んでもらうよ…』 



引用元:https://5ch.net/