zeppelin-3292242_1280


40: 創る名無しに見る名無し:2010/09/22(水) 12:25:43 ID:ePZQFWsi
F博士の研究室 

「これでよし、完成じゃ」 
「やりましたね博士!と言っても僕はこの装置のことをよく教えてもらってませんが…」 
「そうじゃったな。完成する前にこの装置の情報が漏れては命が危なかったのでな。すまんかった」 
「もしや兵器…ですか?」 
「まあそんなもんじゃ。この装置はミニブラックホールを発生させて一瞬に周囲の物をすべて飲み込んでしまう」 
「それはすごい!」 
「そこまで知らんかったとは。君を助手に採用して正解だったようじゃ」 
「お褒めに預かり恐縮です。ところでいったいどれくらいの範囲まで有効なのですか?」 
「それは設定次第。半径1メートルから1万3千キロ以上」 
「それでは地球も一飲みじゃないですか」 
「そういう事になるな」 
「しかし博士、もしこれが悪人の手に渡ったら大変ですね」 
「そう思うじゃろうが、この装置の最大のポイントはそこなのじゃ」 
「どういう事ですか?」 
「ブラックホールの中心がこの装置だからじゃよ」 
「と言うと」 
「…もしや君はかつてどこかで頭をぶつけたことがあるのでは?」 
「ええ、小学校の頃に1度」 
「そうじゃろうな。打ち所が悪かったのか良かったのか。まあ良い、この装置がブラックホールの中心に 
 あるということは、この装置もろとも飲み込まれてしまうということなのじゃよ」 
「なるほど、つまりこの装置を作動させた人間も消えてしまうわけですね。しかし遠隔操作で…」 
「この装置は所有者自身が自らの手で操作した時だけ作動すようにプログラミングしてある」 
「自爆テロならぬ、自滅テロですか…ぷぷっ」 
「笑い事ではない」 
「でも何だか売れそうにないですね」 
「売るつもりはない。進呈するのじゃ」 
「誰にですか?」 
「この世で最も不甲斐無く、心配性で、臆病で、周囲の国からも馬鹿にされている…」 
「わが国の国王!?まさかこれで消えていなくなれと?」 
「いや、国王がこの装置を持っていることを周辺国にアピールするのじゃよ」 
「あそうか、周辺国が下手な行動に出れば、いつ何時あの臆病国王がスイッチを押すかもしれないと…」 
「今度はいやに察しがいいな。その通り、だからこれはわが国にとって最強の兵器になる」 
「でも、あの国王のことですよ。ちょっと自信喪失しただけで使ってしまいそうだ」 
「それはさすがに側近が止めるじゃろうが、まあわしもそう長くはないその時はあきらめよう」 
「博士!」 

次の日、博士は国王に謁見し予定通りその装置を献上することができた。 
世界的に有名な大科学者F博士の発明とあって、すぐさま新兵器として採用され 
その情報は瞬く間に周辺国に伝えられた。その抑止力たるや、言うまでもない。 
「これでしばらくの間、この国も安泰じゃろう」 

その後博士は失踪した。どうしても隠しておかねばならない秘密があったからだ。 
実はその装置は空っぽで、ブラックホールなどまったくのハッタリだったのだ。 


引用元:https://5ch.net/