cheers-839865_1280


94: 創る名無しに見る名無し:2010/10/09(土) 22:22:08 ID:d+ojtWDQ

その部屋には、一人の男が一日中酒を飲んで過ごしていた。 
とは言っても、今日は休日ではない。男はかなり前から会社には行っていなかった。 
普通は、すぐにお金に困るはずだが、男はそうならなかった。 
彼は鞄を持っていた。それは少し大きめでの色あせた、時代を感じさせる鞄だった。 

もう一年ほど前になるだろうか。男がまだ会社にきちんと勤めていた頃。 
彼はとても真面目な人物だった。真面目に働き、誤魔化しをしない。
嫌がられている仕事を進んでやる。良い人の良い所ばかりを集めたような人物だった。 

その人の良さが認められて、男は異例の昇進をした。もちろん、昇進してもきちんと働いた。 
むしろ責任のある地位ということで、仕事にかける熱心さはさらに強くなった。 
それからしばらくした頃である。男がベッドで寝ていると、夢の中で声を聞いた。 

「君は真面目でしっかりした人物だ。そんな君にちょっとしたプレゼントをあげよう」 
「あなたは一体……」 
「うむ。名乗っても分かるまいが、強いて言えばお前たちの言うところの神だ」 
「か、神様ですって」 
「そうだ。そしてプレゼントというのは、この鞄だ」 
「鞄ですか……」 
「もちろんただの鞄ではない。なんでも取り出せる鞄だ」 
「と、言うと」 
「欲しいと思ったものを思い浮かべながら手を入れると、
なんでも出てくるのだ。忙しいお前さんにはちょうどいいだろう」 
「なんというすばらしい鞄でしょう」 
「うむ。ただし一つ注意してくれよ。その鞄は……」 
 その時、ベッドから転がり落ちて、男は目が覚めた。 
「なんだ、夢か。しかしあんな鞄が本当にあったら便利だろうな……」 
 しかし、男はそこで言葉を詰まらせた。 
 部屋の中で先ほど神様が言っていたらしい鞄があったのだ。 
「や、するとさっきのは本当のことだったのか」 
 彼はおそるおそる鞄に手を入れた。酒を思い浮かべながら。 
 最初は何もなかったはずの鞄に、手ごたえがあった。 
 引き抜いてみると、まさしく酒が出てきた。しかも、思い浮べた通りの高級品だった。 
 それを飲む。確かに本物だ。ということは、この鞄も本物ということになる。 
 かくして、男は会社に行かなくなった。 
 いつでも好きな物が好きなだけ手に入るのだ。働いてなんになる。 
「まさか遊んで暮らすのがこんなにおもしろいとはなあ。今まで忙しく働いてきたのがばからしくなってきたぞ」 
 最初こそ、同僚やら社長やらが男の家に訪ねてきたものの、彼が会社を辞めると言ってからは全く来なくなった。 
 もちろん鞄のことは誰にも言わなかったし、誰にも見せなかった。 
「そういえば神様が何か注意しようとしていたけど、なんのことだったのだろう。
きっとこの鞄を自慢するなと言いたかったんだろう。誰も欲しいと言うに決まっている」 
腹が空けば鞄からあらゆる料理を取りだして食べる。
暇になれば鞄はあらゆる娯楽を提供してくれた。 

まさに至れり尽くせりの生活だった。 
今ではこの部屋に来るのは、部屋代を取りに来る大家くらいのものだった。
そんなときも鞄からお金を出せばいい。 

男は完全に働く気が失せていた。 
そんな生活が続いていたある日。 
ノックの音がした。今日は部屋代の日だったかなと思いながら、男は鞄からお金を取り出そうとした。 

蓄えなどあるはずがない。いつでも何でも手に入るのだから。 
しかし、紙は紙でも紙幣ではなく、ただの紙が一枚だけ出てきた。 
よく見ると、このような文章が書かれていた。 

毎度ながら、ご利用ありがとうございます。
初使用から一年が経ちましたので、本日を決算日とさせていただきます。 
あなたは支出と収入のバランスが悪く、すでに貯金は底をついております。 
それでも使用されたため、多額の借金が発生しております。次回の使用は借金を片付けてから……
 
そしてその下には、信じられない額の数字が書き込まれていた。 
「や、この鞄はなんでも無限に出せる鞄ではなく、神様の買い物道具だったのだな」 
借金を返さないといけないからか、もはや鞄に手を入れても、何も出てこなかった。 


引用元:https://5ch.net/