ant-1127650_1280


105 :創る名無しに見る名無し:2012/06/11(月) 03:43:27.19 ID:0OAu4gN3
F博士は或る薬の制作に取り組んでいた。

その薬とは怠け者を勤勉にする薬である。
薬を作るにあたって博士が注目したのは働き蟻である。 
巣に餌を運び続ける労働意欲の高い蟻。
その体内に含まれる蟻酸と呼ばれる成分を精製し濃縮する。

それを怠け癖のある蟻に投与するとキビキビと巣に餌を運び出す様になった。実験は成功。あとは人体実験を残すのみ。 
博士はニートの息子にこっそり薬を飲ませた。


固唾を飲んで博士が見守る中、ニートだった息子は勢いよく立ち上がり、冷蔵庫からパンを取り出すと庭に出て蟻の列に並んだ。


引用元:https://5ch.net/