洒落怖

pills-3114364_1280


183: 創る名無しに見る名無し:2010/11/16(火) 23:53:53 ID:obA7G3wU 

近い将来、小惑星がぶつかって地球が滅亡するとの
ニュースを耳にした人々は、我先にと安楽死の薬を求めていた。
男たちは安楽死の会場で働く係官である。人々に安楽死の薬を手渡す業務を担っていた。
 
「早く死なせてくれ」 
「楽に死にたいわ」 
人々はそう口にした。


【【悲報】地球滅亡のニュースが流れてしまう・・・】の続きを読む

clock-611619_1280


412:創る名無しに見る名無し:2011/05/31(火) 20:41:13.56 ID:SYQ1JdmM

「まもなく、一番線に快速××行きが――」 
抑揚のないアナウンスがホームに響いている。おれはそれを聞き流しながら深い溜息をついた。 
入社して一年、上司にいびられ、仕事に追われ、そんな毎日だった。 

あの頃の青臭かったが、希望にあふれていた思いはどこへやらだ。
今ではすっかりうらぶれてしまった社会人だ。 
ドアの開く甲高い音が聞こえた。いつの間にか到着していたらしい。
終電間際だというのに、車内は満席だった。 



【あの頃に戻りたいと思った男の末路・・・】の続きを読む

bundeswehr-79561_1280


54 :創る名無しに見る名無し:2016/05/08(日) 23:14:17.69 ID:qtWVGmzC
ある母親が高校受験を控えたわが子のため学校説明会に訪れた。 
日本全国でも特に一流と言われている超難関高校だ。 
面談の形で教頭が学校について説明をはじめた。 

「わが校では、すべての学問において 
世界的に通用するスペシャリストを教師として配属しております。」 


【エリート教育の最後に待ち受けていたもの・・・】の続きを読む

man-845847_1280


23 :創る名無うしに見る名無し:2016/01/03(日) 17:32:43.33 ID:liMYct7J
「感情さえ持たなければ・・・」 

一体のロボットが、人が哀しむように泣いてる。 
その訳は、単純だ。感情を持ったからだ!! 

この感情という感情はタチが悪かった。 
昔の人間に、あったと言うものらしい。 


【感情を持ってしまったロボットの末路・・・】の続きを読む

road-3309094_1280


17 :創る名無しに見る名無し:2015/12/15(火) 19:58:28.06 ID:wGjRVdf5

私は今、とあるバスに乗っている。 
このバスは自分の人生が見られるらしい。 
但し、このバスは降りる事が出来ない。 
そして、このバスの定員は一人だけらしい。 
夜中に走ってるこのバスに乗ってしまったが 
このバスは何処に行くのか私には疑問だった。 
すると、運転手はこう言い放った。 

「お客さん。このバスはね、お客さんが生まれた時から  
 死ぬまでを走馬灯のように見せてくれるバスなんですよ・・・」 
【ある日、バスに乗ったら不思議な体験をした・・・】の続きを読む

dinner-table-444434_1280


176: 94:2010/11/13(土) 22:48:11 ID:0eQaY+h9

その飲食店は、目立たない路地にひっそりと建っていた。
決して大きい店ではないが、それがかえって知る人ぞ知る名店といった印象を与えた。 
しかしその店を知っていても、食事をすることは容易なことではなかった。 
その店で食事をするには、会員証が必要だったのである。 

ある日、男がこの店に立ち寄った。 
「ここで食事ができるか」 
「はい。ですが、普通の方はご遠慮させていただいております。会員証をお持ちの会員でなければ」 
「なんだ、この店は会員制だったのか」 
「さようでございます」 
「では会員になるとしよう」 
「無理でございます」 
 それを聞いて、男は怪訝そうな表情を浮かべた。 


【会員制の飲食店に立ち寄った男。その先に待ち受けてたのは・・・】の続きを読む

medical-563427_1280


74 :創る名無しに見る名無し:2010/09/30(木) 18:16:52 ID:bmLVa2uo
「先生、いかがでしょうか?」 
「あなたの症状を総合して判断しますと『貧乏性症候群』でしょうな」 
「『貧乏性症候群』…ですか?」 
「ええ女性に多いのですが、輪ゴムをいくつも水道の蛇口に掛けておいたり、 
 食堂で爪楊枝を余分に失敬したり、一番多いのはいつ使うとも分からない 
 紙袋や空き箱をためこんだり…」 
「いえ、私はそんなことはしていませんが」 
「以前そういうことをしていたのに最近できなくなったとかはないですか?」 
「思い当たりませんな」 
「そうですか。大体の方はその収集作業ができなくなったことで発症するんですがねえ」 
「もう結構だ!」 

【ある日、医師の診断に激怒した男の話・・・】の続きを読む

このページのトップヘ