怖い話

    japan-1750129_1280


    25:ムシマル:2006/04/12(水)23:01:25ID:Yj591hIHO
    突然だが私は太っているためか、イビキがかなりうるさいらしい。

    先日伊豆の温泉へ社員旅行にいったのだが、私が夜中にふと目を覚ますとホテルの部屋の中には誰もいなかった。

    どうやら同部屋の軟弱な後輩達は私のイビキに耐えかねて、他の同僚の部屋に避難したようだ。まぁいいわ。さて、小便でもするかね~と、トイレに向かうが部屋の電気が灯かない!

    (後で気付いたが、部屋のキーを挿してないと電源が入らないタイプの部屋で後輩がそのキーを持っていってしまっていた)
    【社員旅行で伊豆に行ったら誰かがドッキリを仕掛けてきた。→その正体が・・・】の続きを読む

    P1000381_TP_V

    97: secret name 2018-03-23 10:31:13 ID:
    ある夫婦が中古で一軒家を購入した。中古とはいっても新築同様で、価格も安いことから大満足の買い物だった。

    家は快適そのものだったのだが、住みだしてすぐに赤いクレヨンが廊下に落ちることに気づいた。
    夫婦には子供はおらず、どこからか誰かが侵入した形跡もない。
    しかし赤いクレヨンが、いつの間にか床に落ちているのだ。


    【中古の家を買った夫婦が見つけたものに身の毛がよだった・・・】の続きを読む

    shiosio_dakdjadafwe_TP_V


    49: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)10:11:47 ID:jRk
    すっげー昔のガチ話な。

    俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。

    生まれる前だったんで人から聞いた話。

    場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学生、金欲しさの犯行。

    家主が外出した後忍びこみ、丁度帰宅したところで見つかったため台所の包丁で刺殺。

    かなり酷い殺され方で当時は話題になったらしい

    ――それから数年後。

    事件の記憶も薄れそこのアパートを不良高校生が借りていたんだ。

    田舎の港町で気性の荒い連中が多い地域の不良達だから喧嘩、窃盗、シンナーは当たり前のような連中。

    ある晩も集まって騒いでいた。

    しかし、いつも以上に急に騒ぎ始めたので隣の住人が「シンナーでも吸ってんのか?」と思い、怒鳴りこんだらしい。

    そして、隣の住人がドアを開け一歩踏み込んだ瞬間。

    目にしたのは部屋の中で踊り狂う血まみれの女と、窓から飛び出していく不良の姿。

    不良は大声をあげて逃げて行き、隣の住人は腰が抜けて動けなかったそうだが気が付いたそうだ。

    その血まみれで踊り狂っているのはその部屋で数年前に殺された女性…。

    その後、逃げ出した不良の一人が警察に連絡し大騒ぎになり新聞にも載ったそうだ。 



    50: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)10:12:09 ID:jRk
    ここまでは以前バイトしたときに聞いた話なんだが、俺に聞かせてくれた先輩がその時の不良の一人で詳細に話してくれた。

    その晩、よく集まる仲間で麻雀を打っていたそうだ、絶対にシンナーは吸っていないし幻でもないと断言していた。

    ちょっと盛り上がってきた深夜に、一人が急に「うあっ」と大声を上げ、周りの連中は「うるせーwww」「なんだよww急にwww」と囃し立てたが、大声を上げた男は真っ青な顔をしながら窓を指差し「幽霊だっ!!」と叫び、壁際に這いずりながら下がっていった。

    それを見た他の連中も、半分つられて何気に窓を見ると、空中で女が踊っているのを目にしたそうだ。

    「なんだあれ」「うあああああ」などと叫び大騒ぎになった瞬間、女が飛んで窓にへばりついてきたそうだ。

    こうなるともうパニック以外形容しようがない状態で大騒ぎしていると、隣の住人が怒鳴りこんできた。

    その瞬間、窓にへばりついていたはずの女は消え、玄関から入って来て部屋の中で踊り狂い、先輩と不良たちは窓から飛び降りて逃げたが、どこの道を走ったのかその後の記憶はないらしい。

    気付いたら明け方近くで警察に事情聴取を受けていたそうだ。

    何故この話を聞くことができたかと言うと、3~4年前に起きた一家殺して自殺という事件の犯人が、昔事件を起こした小学生で、報道を聞いて急に思い出したらしい。

    俺に話してくれている時も、普段は血色の良い顔が青白くなって語っていたのが印象的だった。

    探せば新聞記事とか出てくるかもしれん。 



    59: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)10:16:47 ID:jRk
    >>49>>50の関連記事 

    昭和50年12月21日午後1時27分、青森県八戸市小中野町新堀の角アパート1階で会社員の女性、沢口(29)が玄関先で血まみれになって助けを求めているのを隣の女性(64)が見つけた。 
    沢口は20ヶ所を刃物で刺されており出血多量で死亡した。 
    後ろからふいに刺されて滅多刺しにされたらしい。 
    部屋から血のついた菜切り包丁が見つかり、それを少年が捨てて逃げていくのを近所の人が目撃しており、小学5年の男子生徒(11)が12月22日午前11時40分、アパート2階のおばの家に戻ったところを保護された。 
    男子生徒は妹と2人でおばの家を訪問しており、トイレへ行くと1階へ降りた後、悲鳴が聞こえたという。 
    男子生徒の家は5人家族で、漁船を持ち金持ちだった。男子生徒は昭和48年秋にも近所の家へ行きマッチ遊びをして3棟を全焼させており、沢口方へは盗みに入ったらしい。 
    なおこの男子生徒はその後、社会復帰したが、平成19年6月に八戸市内で自らの妻子4人を殺害して車で逃走して警察の非常線に引っかかったところを自殺している。突然の一家心中の原因は不明とされた。 

    【社会】青森・八戸の母子4人他殺体、父は職質中に自殺[07/06/28] 

    青森県八戸市上組町のアパート1階の会社員沢田秀人さん(43)方で、 
    妻と長男、二男、三男が死んでいるのを、訪ねてきた 親族が見つけた。 
    秀人さんは行方がわからなくなっていたが県道わきに停車していた乗用車内にいるところを 
    岩手県警の捜査員に発見され職務質問を受けた直後、車を後進させて捜査車両に衝突させ、 
    さらに自分の首を刃物で切り、窓を壊そうとした捜査員を振りきって 
    車ごと約10メートルのがけ下に転落。 
    間もなく死亡が確認された

    【昭和50年、青森県八戸市殺人事件のその後が凄まじすぎる・・・】の続きを読む

    gunma-IMG_8027_TP_V


    52 :こぴ1:02/12/23 16:34

    初日は土合駅から徒歩でマチガ沢出合の幕営地で一泊。 
    翌日は尾根伝いに谷川の双耳峰、一ノ倉岳も無事に越え、宿泊予定地の茂倉岳の避難小屋に着いたのは確か昼前でした。 
    梅雨時には珍しく天気もよく、爽やかな風が時折吹いてきます。 
     
    私はこの山が七百人近い人の命を呑み込んだ山と言うことさえすっかり忘れていました。 
    小屋の中は大人四人が寝て荷物を置くと、ほぼ一杯の広さです。 
    小屋に入る時に二枚の扉の内扉が壊れて、開きにくくなっていました。 
    しかし、雪の季節でもないし、雨風をしのぐには十分でした。 
    翌日は下山予定でした。 


    【【衝撃】谷川岳の山小屋で、遭遇しちゃいけないものに遭遇してしまった・・・】の続きを読む

    carpenter-3276186_1280


    128: 本当にあった怖い名無し:2012/09/11(火)20:50:24.05ID:8+hoiBq5O

    父から実際に聞いた話です。

    木工職人だった父が夜遅く作業場の片づけをしていると、背後で人の歩く足音がします。


    オガクズを踏みしめるさく…さく…という音がはっきりと聞こえます。

    こんな時間に人が来るなんて。不気味に思った父が振り返るが誰もいない。
    足音も止みました。



    【木工職人の親父、幽霊と遭遇。→そのあとの親父の一言に幽霊がキレたwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ