怖い話

denwa_kotei_woman

111: 可愛い奥様 2011/09/20(火) 17:23:16.62 ID:sJYOVfxf0
前に勤めていた会社でおばさん2人からいじめをうけてた 
ぶちきれる勇気もなくただ我慢して仕事をしていたら 
他の人達があんたは偉いねとか人間が出来てる等と味方になってくれその内いじめはなくなった
でもどんなに2人から優しくされようが何をされようが絶対に仕返しをしないと気がすまなかった 
【【超!衝撃】電話一本で人間が死んだこの事件、怖すぎる…】の続きを読む

pose_ochikomu_businesswoman

436: 名無しさん@おーぷん 2017/07/22(土)08:46:26 ID:oQa
姉がいるんだが姉が子供のころものすごく暴れる子供だった
それはもう我慢とかできないしちょっと気に入らないとすぐに発狂
何か精神的な病気なんじゃないかと思うくらいに暴れてた

悩みに悩んだ末に両親は母方の叔父にひと月ほど姉を預けると言い出して連れて行ったんだが
そもそも母に弟がいるなんて初めて聞いた
【【※超!狂気】『少女をおっさん』に1ヶ月預けたら別人のようになった→何があったのか聞いた結果…ヤバすぎだろこれ…】の続きを読む

bg_rain_natural_mori

185: ななしのいるせいかつ 2007/10/08(月) 11:07:52
私が東南アジアのとある国に、仕事で行っていた時の事、付近の村の現地住民から、 
「夜中になると、森の中から変な声が聞こえてくるんだ。それが、日本語みたいな気がする」という話を聞いた。
何て声が聞こえるのか聞いたら、「オカアサン」「イタイ」「トツゲキ」「バンザイ」と聞こえ、男の人の泣き叫ぶ声も響き渡り、怖くてトイレにも行けないという。 
実際に確認しに行ってみたら「オカアサーン」って聞こえ驚いた。 
その土地の事を調べてみたら、太平洋戦争時、米軍に追い詰められた日本軍部隊が、万歳突撃を敢行し全員玉砕した所だった。 
帰国する前、その森を同僚達と訪ね、煙草と線香をお供えしたが、今だ成仏できない英霊が沢山いらっしゃると思うと、何だかせつなくなった。 
後日、この話を社長に聞いてもらった所、会社の計らいで日本の僧侶に行ってもらい、慰霊をしてもらった。 
その後、森からの声は全く聞こえなくなったそうだ。
【【※ホラー】夜中になると森の中から『変な声』が聞こえる→確かめた結果・・・】の続きを読む

kawa

318: 本当にあった怖い名無し 2008/06/16(月) 01:40:01 ID:wib/GALG0
小学生の頃の話。近所の川によく魚とりや、ザリガニ取りにいってたんだ。 
ある日近所の友達と、いつものように川へ泳ぎに行ったんだ。 
その日は、前日に降った雨で見た目には分からない程度の増水だった。
俺はいつもの様に水門に入っていって泳ごうと飛び込んだ。飛び込んでから 
いつもと様子が違うことに気付いた。水の勢いが凄く子供の力では水門に吸い込まれそうになる! 
俺はまだ入ってきていない友達に助けを求めれば良かったんだが、体験したことの無い恐怖(死ぬかも!!) 
俺はとっさに嘘をついて「お前も、早く来いよー」と友達に手を指しのべたんだ。 
友達の手をつかんで引き寄せたその反動で俺は渦から偶然脱出出来た。 
あの時は必死だったんだ・・ 
【川で泳いでいたら水門に吸い込まれそうになった。友人の手を引き寄せた反動で、俺は脱出できたが...。】の続きを読む

job_unten_daikou_car

334: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/07(火) 20:46:41 ID:ApPUDPbC
昔、運転代行のバイトで山奥へ客の車を走らせてたら、飛び出してきた4つ足らしき正体不明の獣を轢いてしまった。 
「申し訳ありません。今何か動物を轢いてしまったみたいです」と助手席の客に詫びると 
「狸よ狸。イタチもおるけど今の音は狸。ゴリッって骨が砕ける音がしたろ?ありゃ狸。イタチは轢いても音せんのよ。 
毎晩のことじゃけ、気にせんでええわ」と言われたが、客に申し訳ないというより轢き殺してしまった狸に詫びたい気持ちで一杯だった。 
【運転代行のバイトで、山奥で客の車を運転中に動物を轢いてしまった。俺「すみません。今何か轢いてしまいました。」】の続きを読む

bg_sanmyaku_alps

833: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/30(木) 10:14:43 ID:PY0pUkSR
冬の山道でちょっと写真撮ろうと道路から外れた所に車止めたら、 
なんか変な風に木や雪がグシャッてなっていた。 
そのグシャッとなっているところを散策してたら横転してる車が。 
慌てて駆け寄り、車中の人に声かけてとりあえず意識のあった運転手が出られるように協力。 
どうにか助けだしたら、前の職場で私が辞めるまでいびってきた先輩だった。
トラウマで逃げようとしたらガッと腕掴まれて「中に家族がいるの」と言われた。
向こうは必死の形相だったけど、 
一年間影で日向で虐め続けられミス押し付けられ体重が30kg台まで減った私はもっと必死。 
【冬の山中で横転していた車に居たのは、過去に私をイジメて来た女とその家族だった。置き去りにしてきたんだが...。】の続きを読む

このページのトップヘ