実話

    PAK42_asanohomenorassyu1323_TP_V4

    95:本当にあった怖い名無し:2011/07/04(月)21:39:10.08ID:649pgrFK0
    実体験を。

    その日、俺は駅のホームで電車を待っていた。ホームにほとんど人はいなく、俺の5mくらい横にはカップルがいた。俺もカップルもホームの黄色い線内側ギリギリに立っている感じ。

    カップルは楽しそうに話をしていた。見ると女の子が可愛い感じだったので、俺は、うらやましいな~って気持ちだった。

    通過列車が来たので、俺は自然と電車の方を向いた。電車が来る方向にカップルがいたので自然とカップルも視界に入っていた。

    電車がカップルの前にさしかかろうとした時、女の子が彼氏を見ながら満面の笑みで電車に飛び込んだ。

    【電車に飛び込み自殺をした女性の顔に身の毛がよだった・・・】の続きを読む

    transport-system-3096999_1280

    907 名前:関西人 投稿日:2001/05/09(水) 14:51

    今から4年ほど前の今ぐらいの季節の話です。 

    夜の11時頃、東大阪まで彼女を車で送って、奈良の自宅へ帰ろうとしていたんですが、
    阪奈道路の登り道に入ってすぐちょっと眠気が出てきたため、空気を入れ換えようと指が出る程度に少し窓を開けました。 
    平日だったので周りには他の車が走っておらず、とても静かでした。 

    2,3ヶ月前ににねずみ取りにやられたばかりでそれ以来おとなしく走っていたのですが、
    この時間で周りに誰もいないし、この道はねずみ取りの場所が決まっていたのでちょっとアクセルを踏み込んで夜景の見える場所まで飛ばそうと考えました。 
    【夜中、高速の脇道で車を停めた。→後ろから男の声が聞こえてきた・・・】の続きを読む

    pp_kaikyu_TP_V


    191 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2013/11/09(土) 14:05:53.64 ID:fH/aSlNG0
    先日、現役のアメリカ海兵隊士官さんと仕事の都合で話をしたんですが、その時に聞いた話が結構えぐいので書いておきます。 
    新兵を訓練する際に何度も出る話だそうですが、いわゆる先頭慣れした頃に陥る自信過剰って奴の1つで、 
    敵方が逃げ出し始めた時に、戦線を崩して追いかけ始めてしまう奴が出るんだそうです。 

    戦線と言うより戦列と言うべきなんですが、銃を構えた兵士が横一列に並ぶのは味方同士が打ち合わない為に非常に重要な事なんだそうです。 
    そりゃ、だれだって味方に打たれて戦死なんていやですからね。パープルハート勲章も貰えないし。 

    時は1945年。小笠原諸島の南に浮かぶ絶海の孤島。硫黄島。 
    この島を巡って血で血を洗う激戦が行われたのは皆さんもよく知る所でしょうが、私が話をした士官さんはおじいさんが従軍されたそうで、その時のエピソードをよく聞いたそうです。
    曰く『どんなに不利だと思っても日本兵は投降しない』とか、或いは『日本兵は最後の一人まで勇敢だったとか』 
    んで、その中に出てくる話ですり鉢山攻防戦ってのがあるんだそうですけど。
    あれです、映画、父親達の星条旗のあのシーンの山です。 

    【硫黄島で戦ったアメリカ兵が体験した日本兵の執念・・・】の続きを読む

    YAMA_DSC2553_TP_V


    73:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2012/05/01(火)13:48:07.48ID:SKEIFvLv0
    今さっき起きたことなんだけど。

    朝8時に起きて、自室にあるPC起動。30分くらいで操作をやめて、一階に降りた。うちは四人家族だけど、私以外、全員出かけた後だった。

    なんだかんだウダウダして、二階の自室に戻ったのが昼の1時。

    ふと画面を見たら、休止状態になってなかった(10分くらいで休止になるように設定済み)少なくとも4時間は触っていない。


    【【ゾクッ!】あれ?パソコンが?←こういうのが一番怖い・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ