学校の話

blue-592124__340

583: 可愛い奥様 2011/01/10(月) 22:20:39 ID:m9upXsUi0
近所に軽度知的障害児がいて、その子を見るたびに思い出してしまって 
悪い夢を見るようになってきた。忘れてたつもりだったのに。 

小学校低学年の頃、同じクラスに少し知的障害がある子がいた。 
いつも親が送り迎えしてたのに、その日は母親が病気で来られないとかで 
帰る方向が同じだった私と友人が、一緒に帰ってあげてと担任に頼まれた。 
一緒に帰るのは大変だった。
急に走りだすのを追いかけたり、興奮して奇声を上げるのをなだめたり、そんなことばかりでうんざりしていた。 
「置いていっちゃおうか」私と友人と、どっちから言い出したのかは本当に覚えてない。 
いつもの通学路なんだから、家まで帰ることくらいできると思った。 
【【※衝撃】田舎で『知的障害児が行方不明』になった事件の真相がヤバい…】の続きを読む

fantasy-3630053__340


649: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:d2C9I975
いじめや痛い話を含みます。長文です↓ 

私の出身中学校はむちゃむちゃ荒れていた。 
私と同じ学年の男子で一番目つ子が情緒不安定になってから 
集団ヒステリーなのかな?わからないけどとにかく男子が一斉にイライラして 
暴力が学校中に広がった。 

最初は喧嘩が多発→器物破壊→自傷的行動とエスカレート。 
リンチもあったし、放火もあったし、 
元々あったいじめはあっという間に惨いものになった。 
【【暴力】ヤンキー中学生、ケンカで相手をぐちゃぐちゃにしてしまう…】の続きを読む

clouds-713501__340


727: 名無しさん@おーぷん 2014/06/26(木)17:59:59 ID:6yzZuhaEB
昔私をいじめてた男に、告白された。
「こんなにキレーになってるなんて。」だと。
「前から好きだった。」だと。
「好きな子にいじわるするって言うけど、あれだったんだな。」だと。
「△(アニメ)好きなんだって?俺もだよ」だと。
「だから○ちゃん、付き合ってくれ。」
(本当は方言バリバリだったが)

【【悲】いじめっ子さん、いじめてた相手を好きになってしまう…】の続きを読む

niyakeru_takuramu_ayashii_man

269: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/22(水) 23:18:51 ID:pXwPCZaQ
たいした武勇伝ではないが、俺の中学時代の話。 

テストのときにどうやら自分の斜め後ろのKが俺のテストをカンニングしてるかもしれない、という話を聞いた。 
本人に言ったところでやってないと白を切るだろうし、後々面倒くさいことになりかねないので、次のテストのときに 
【【悲報】日頃から“アレ”ばかりしてた人間、とんでもないことになる・・・】の続きを読む

bundeswehr-79561_1280


54 :創る名無しに見る名無し:2016/05/08(日) 23:14:17.69 ID:qtWVGmzC
ある母親が高校受験を控えたわが子のため学校説明会に訪れた。 
日本全国でも特に一流と言われている超難関高校だ。 
面談の形で教頭が学校について説明をはじめた。 

「わが校では、すべての学問において 
世界的に通用するスペシャリストを教師として配属しております。」 


【エリート教育の最後に待ち受けていたもの・・・】の続きを読む

SHIO151020084797_TP_V


866:本当にあった怖い名無し :2007/08/07(火)20:37:44ID:RdcfNzTA0
長くなると思う。

私は小学校を卒業して、私立の中学校に行くようになった。私立といっても、金を払いさえすれば、いつもテストで赤点を取っていた私でも入れるような私立だった。

私の周りの親戚はみんな頭が良くて、みんな私立や名門学校に通っていた。しかし私たち兄弟といったらみんな絵に描いたような馬鹿で、親は親戚の集まりの時いつも嫌味を言われていた。
 
それに母がうんざりしたらしく、「お前、中学は私立に行きなさいよ」と言われた。お金は出すから、と言われたが、もちろん私は嫌だった。仲の良い友達と同じ中学校に行きたかったのに…。


【中学校の時に私をいじめてくる奴に復讐した結果、こうなってしまう・・・】の続きを読む

PAK86_ashiatobiz15191628_TP_V4


257本当にあった怖い名無しsage2005/06/09(木)09:15:26ID:/UVQhEN70
これは私が高校生のときに体験した話です。
そのころの私は毎日のように部活に励んでいて、帰りが遅くなることもしょっちゅうでした。

その日もいつものように部活が終わり、20時頃でしょうか、一人で自転車をこぎながら帰っていました。

田舎だったので、まだそれほど遅くない時間とはいえ、車通りはほとんどなく、電灯の明かりもまばらで、今思うと寂しい道だったのですが、そのころの私にとっては毎日通りなれた通学路、今日の晩御飯なんだろ?などと呑気に考えながら、帰宅を急いでいました。


【ある夜の帰り道、一人で家に帰ってたら奇妙な男が。→この後トラウマ級の出来事に遭遇します】の続きを読む

このページのトップヘ