ほんのり怖い

    tunnel-965720_1280


    828 本当にあった怖い名無し 2007/07/11(水) 12:27:25 ID:ZySpv4uaO

    ここでおはなしを一つ。


    わたしのオカンの住まいの近くに、荒れまくった廃屋があります。
    長年「売家」と貼ってあるけど、ガラスは割れ、蔦は絡まり、とてもじゃないが売れる可能性がゼロに等しいものです。 


    そこの前に、勘の鋭いオカンは、人影を見るようになりました。 

    【オカン、死神さんに取り憑かれてブチ切れた結果wwwww】の続きを読む

    car-1455746_1280


    654 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:02/07/06 18:08
     
    じゃあ、漏れの神隠し話をちょっと。

      小学校に上がるぐらいの頃、午前中に家からちょっと離れたとこにある菜園で兄貴と両親が草むしりなんかやっていたけど、俺は畑の近くにあった廃車状態のビートルの周りで遊んでいた。

     ビートルは雑木林の端っこで腐っていて、ボンネットの先に笹の藪の中に踏み分けたような道があるのを見つけた。
    俺はビートルを乗り越えてその道をたどっていった。



    【ガチで神隠しにあったんだがマジで謎すぎる展開に・・・】の続きを読む

    PAKningyouddssd_TP_V


    15本当にあった怖い名無し2018/03/28(水) 01:18:49.62ID:kK2/VPo+0
    素人暇人に付き合ってくれてありがとう(涙) 

    では始める。 

    小学校上がる前の話だから多分5歳位の幼稚園生の頃かな? 
    ピアノ習い始めてしばらくしてからだから 
    5歳であってるはず。 

    私は中国地方の田舎の生まれでおばあちゃん家は漁師村みたいなとこなのね。 
    んで、ひな祭りの季節になると15段?くらいのでっかい雛人形の飾りが奥の床の間のある部屋に出されるの。 
    ガラスに入った60センチくらいのオルゴールがなる和風の人形とかも出される。 

    小さい頃物心がつくくらいからその部屋が凄く怖くてさ。 
    日本人形って子どもの頃何か怖くない? 

    小さい頃春休みとか長期の休みになると2.3週間おばあちゃん家に泊まるのね。 
    母がママさんバレーとかやってたからそっちの方が都合よかったのかも? 

    【5歳頃におばあちゃんの家で寝てたら突然変なところで目が覚めた。→結果・・・】の続きを読む

    dark-1936954_1280


    46: 名無しさん@おーぷん 2018/03/18(日)13:34:55 ID:Xcz
    当時、中学時代からの悪友達と毎晩のように心霊スポットと言われるところへ度胸試しをして遊ぶのが流行っていた。
    名古屋で比較的有名なところから、怖いなと思う所までいろいろと…
    散々行ったけど、特段怖い思いもしないまま、結構有名な廃ホテルには何回か女の子を連れて肝試しをしたりして遊んでいました。
    その廃ホテルは竜泉寺の向こうという行きやすい立地もあって何回も遊びに行っていた。
    帰り際に記念写真を撮ろうという事になり、その時は何にも写ってないと思っていたのですが、帰ってみんなで見てみると無数の顔が写っている事に気付きました。
    何回も行った事があり、警戒心も無くなっていたことから、あんなところで撮れる訳がないと思っていた写真が、こんな事になるとは思ってもなく一様にショックを受けていた。
    霊の存在など信じていなかっただけに、本当に撮れた事が返って心霊スポットの散策に火をつけた。
    当時は本当にバカだったと思う。ここでやめておけばよかったと心の底から思う。 

    【友人「どーしたんだ?何があった?」 私「後ろを振り返ってみろ!」←このあとヤバい展開になります・・・】の続きを読む

    KAZDSCF2647_TP_V


    93: 本当にあった怖い名無し 2017/12/28(木) 02:56:50.88 ID:7MvYxqgv0
    お守り(1/4) 
    父の同僚が体験した話です 
    その同僚の名前を玉木(仮名)とします 
    あえて物語風の文章表現にしてます。合わない方はご注意下さい 

    玉木は今年30歳の消防士だ。 
    ある日、高校時代の友人が自殺した報せを受け、 
    非番の日程調整をし、告別式に出席した。 
    まだ若い内に自殺という死に方なので、 
    式の空気は悲壮感のあるものだった。 
    最後の出棺の際、故人の顔を拝もうと棺の小窓の中を覗き込んだとき、 
    玉木は不思議な感覚に襲われた。 

    【友人の自殺をきっかけにアイツの身体に異変が起こり始めた・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ