事件、事故

    007horror0523_TP_V1


    188 :1/6:2007/08/02(木) 19:00:06 ID:g8J70gWQ0
    予期せぬ時に予期せぬ出来事が起きると、どうして良いか分からなくなる。 
    これは、俺が先日体験した話。 

    俺はその日、市内のデパートに買い物に行った。 
    デパートと言っても大手のところではなく、ちょいと古い小さなデパート。 
    雨が降っていたこともあり、平日の昼間、お客はあまり居なかった。 

    俺は5階にある紳士雑貨で目当ての物を買い、さて帰ろうと思ってエレベータに乗った。 
    上から降りてきたエレベータには、2人のお客が乗っていた。
    ちなみにエレベーターガールなんて洒落たものは居ない。 
    4階に着き、お客は2人とも降りる。エレベータには俺1人。 
    そのまま下がっていき、3階を過ぎたときだった。 
    突然エレベータが止まり、電気も消えた。 


    【古いデパートのエレベーターに乗ってたら突然ヤツが出て来た。そのあとの出来事に失神寸前・・・】の続きを読む

    008KAI319_TP_V


    518 本当にあった怖い名無しsage 2011/12/23(金)07:30:53.34ID:IVShsKFL0
    もう、二十数年前のはなしです。ちなみに実話です。

    確かテレビのニュースか何かを見ていた時、画面の下に緊急速報の白文字に続いて、なんと、アイドルの岡田有希子さんが自殺したと流れてくるではありませんか。

    当時、洋楽好きで邦楽、ましてはアイドルなど馬鹿にしていたわたしですが、トップアイドルの自殺は余程の衝撃だったのか友人数人に

    「大ニュース!岡田有希子が死んだ」
     
    と電話したものです。

    【昔の日本のテレビって凄すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    Kazukihiro171227DSCF8644-Edit_TP_V


    134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/27 08:02
    釣り1 

    私は3年前、妻と二人でキャンプに行きました。 
    キャンプ場から車で10分ほどの所に、釣りに適した海があります。 
    私と妻は、キャンプ場にテントを張り、早めの夕食を済ませました。 
    そして、すぐに釣りへ出かけたのです。 
    ところが、釣りを始めてから20分ほどすると、妻が「トイレに行きたいからキャンプ場に戻るけど、またここに来るね」と言い出しました。 
    「ああ、行っておいで」 
    「けど、しばらくしたら、車で迎えに来てくれ」 
    そう言って、私は妻を見送りました。 
    そして、私はしばらくの間、のんびり一人で釣りを楽しんでいたのです。 
     
    【妻がトイレに行くと言って消えたんだが、その後の展開にマジでビビった・・・】の続きを読む

    kazu85_yuki20140208-P2080098_TP_V


    765:1/2:2011/02/09(水)12:21:29
    神戸市北区。1993年くらいの話。

    帰宅は真冬は結構雪が積もっいて、坂道だらけだからすごい時はソリ遊びができるくらい積もる。

    当時小5の俺らは5人で住宅地の坂道をプラスチックのソリで滑っては上りして遊んでいた。その目の前の家で、雪の中、引っ越してきて荷物の積み下ろし?をしてる家族がいた。

    隣のおばさんが手伝いに出てきたりしてて、お父さんが「4人家族ですがよろしくお願いします」と挨拶している。

    俺らと同い年くらいの男の子がこっちを見ていて、お母さんが「遊びたいの?混ぜてって言ってみれば?」と男の子の背中を押す。

    俺らも「おう!こいや!仲間なろうぜ!」と、新入りの登場にはしゃいで、男の子も嬉しそうに仲間に加わった。


    【子ども同士で雪の日にソリ遊びをしていた。→そこで悲劇が起こるのだが、その後が気味悪すぎる・・・】の続きを読む

    P1000055_TP_V4


    557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/01(金) 17:37
    高校のとき仲の良い友人が「週末、家に泊まらない」って誘ってきた。 
    「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。
    でもしつこく誘ってくる。「他をあたれよ」って言ってもなぜか俺だけを誘ってきた。 

    あまりにもしつこいので「なぁ、お前一人じゃ怖いのか?」ってからかってみたら、急に黙り込んだ。
    「なんだ、図星か?」って追い討ちをかけてみると、突然真面目な顔になって
    「なぁ、お前、幽霊って信じるか?」なんて言ってきた。
    なんだこいつって思いながら
    「まぁ、見たことは無いけど、いないとも言い切れないかな」って答えた。 

    「じゃぁさ、週末に家に来いよ。幽霊は、いるってわかるよ」なんて言いやがる。 
    「ふ~ん・・・・で、見に来いっての?でも、止めとくよ」って言うと、泣きそうな顔で「頼むよ、来てくれよ」って言う。
    「じゃぁ、具体的にどんな幽霊なんだ?」って聞くと
    「毎晩12時くらいに階段を1段ずつ昇ってきてる。そして週末にちょうど 
    家の前に来るはずだ。その時、一人なのが怖いんだ」って、本当に怖がりながら言うんだ。 

    【友人「週末、家に泊まらない」俺「他をあたれよ」→詳しく話を聞いたら、シャレならんくらいヤバい展開になった】の続きを読む

    このページのトップヘ