怖くて切ない話

    NS725_akacyannote_TP_V


    412: あなたのうしろに名無しさんが・・・: 2001/02/20(火) 19:00
    ある病院に残り三ヶ月の命と診断されている女の子がいました。
    友達が二人お見舞いに来た時に、その子のお母さんはまだ、
    その子の体がベットの上で起こせるうちに最後に写真を撮ろうとおもい、
    病気の子を真ん中にして三人の写真を撮りました。

    結局それから一週間ほどで急に容体が悪くなり、
    三ヶ月ともたずにその子はなくなってしまいました。
    葬式も終わり、多少落ち着きを取り戻したお母さんはある日、
    病院で撮った写真の事を思い出しました。

    【余命3か月の娘と最後の写真を撮った。→現像した写真がエグすぎる・・・】の続きを読む

    biker-407123_1280


    116 名前:名無しさん@こぴぺ 投稿日:2000/08/05(土) 06:49

    当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 
    その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 
     
    そこで、道の左端をすり抜けて進みました。それなりに運転技術もありましたし、どうなってもいいや、という部分があったので..危険だと知りながら、それなりのスピードが出ていました。 

    そして、渋滞している車が途切れている所へ来た時に、対向車線からファミレスに右折する車に右側から当てられたのです。
    車も急いで右折してスピードがあった為、かなりの衝撃でした 
    【【切ない】精神的に病んでる時、バイクを飛ばした。→こんな展開になるとは思いもよらなかった・・・】の続きを読む

    PAK86_ashiatobiz15191628_TP_V4


    553 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 10:47:57 ID:VvdIcBXX0
    学生時代の友達Aと俺の会話 

    (A)「霊感あるほうじゃないんだけど?昔から町あるいてたら 
    電柱の影から手招きしてる白い手 とか 夜中に公園の砂場で 
    遊んでる子供 とか 見えたり 
    マンションの5階 にすんでるのに 窓たたかれたりとか 
    他にもなんとなく人の死期がわかったりするんだよね」 

    (俺)「何 くだらない事 言ってるんだ?」 

    (A)「ほんとうだって じゃ 芸能人の ×× 一週間以内に死ぬよ? 
    この頃 TVで見かけて 何となくそんな気がしたんだよね」 
    (俺)「何 馬鹿な事いってるんだ?」「ってそいつすらしらね」 

    【死ぬときが分かるという友達が俺に言った言葉が辛すぎる・・・】の続きを読む

    teddy-bear-440498_1280


    946 :本当にあった怖い名無し:2006/04/12(水) 10:12:00 ID:cr2+0dQ+0
    私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 
    手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。 
    祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。 
    そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。 

    私は母に虐待されて育った。 
    飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻された。 
    気が済むまで殴られる、安全ピンでお尻を刺される、冬に水風呂に入れられる。 
    煙草を吸わされ背中を灰皿にされる、食事を抜かれる、家に入れてもらえない。 
    私に向かって拳を振り上げる母は、喜んでいるように見えた。 
    父は見て見ぬ振りをした。 
    失敗して叱られ何度も蹴られる私の横で、テレビを見ながら食事をしてた。 
    終わると、「お母さんの言うことをちゃんと聞きなさい」と言った。 

    【私は母に虐待されていた。いつも助けてくれた祖母が・・・】の続きを読む

    earthquake-1665870_1280


    363 名前:本当にあった名無しさん 投稿日:2001/03/27(火) 10:34

    残念ながら作り話じゃないです。オレが経験した実話です。 
    6年前の阪神大震災のとき、ホストスナックで働いてた俺は、そのとき一緒に閉店作業をしてたカズってやつと二人で潰れたビルに閉じ込められた。

    閉じ込められたというより二人とも気を失ってて、ふと気が付いたときには、カウンターにもたれかかるように倒れたボトルラックの下の隙間に二人並んで寝てた。

    【【実話】阪神大震災のときに不思議な体験をした・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ