不思議

clock-611619_1280


412:創る名無しに見る名無し:2011/05/31(火) 20:41:13.56 ID:SYQ1JdmM

「まもなく、一番線に快速××行きが――」 
抑揚のないアナウンスがホームに響いている。おれはそれを聞き流しながら深い溜息をついた。 
入社して一年、上司にいびられ、仕事に追われ、そんな毎日だった。 

あの頃の青臭かったが、希望にあふれていた思いはどこへやらだ。
今ではすっかりうらぶれてしまった社会人だ。 
ドアの開く甲高い音が聞こえた。いつの間にか到着していたらしい。
終電間際だというのに、車内は満席だった。 



【あの頃に戻りたいと思った男の末路・・・】の続きを読む

Kazukihiro18117016_TP_V


321: 創る名無しに見る名無し:2009/02/20(金) 02:04:34 ID:XLZw2Iu2
エフ氏は飽きっぽい人だった。 
どのくらい飽きっぽいのかと言うと、
例えば新しい服を買ったと思ったら一回袖を通しただけで捨ててしまう。 

もちろん日記は幼い頃から三日坊主だし、
彼の棚や押入れには読みかけの本ややりかけのパズルが沢山詰まっていた。 
万事そんな具合だったから、エフ氏は定職に就かずにふらふらしていた。 
というよりも仕事にすぐ飽きてしまうのだ。
もしかすると、彼にとっては服を捨てるのも仕事を辞めるのもほとんど同じ事だったのかもしれない。 


【【驚愕】何をしてもすぐに飽きる男の結末・・・】の続きを読む

radio-2974649_1280


798 名前:むす 投稿日:2001/07/28(土) 09:13

今から5年ぐらい前の話だけど 
日曜日のラジオ(AM)って大体AM2:00ぐらいにはおわるでしょ? 
そんでその後に災害を教えるビーーってゆうテスト信号が流れて、そうするとしばらくの間クラシックみたいな音楽が流れるのよ。 
それを俺は何気なく本を読みながら聞いてたわけよ
(ラジオをつけっぱなしにしてた) 
そしたらクラシックが止まって、ちょっとしたら男の声で 

「ただいまから報道特別番組(名前はうるおぼえ…違うかも…)をおこないます」 

って始まったのよ。
そのとき2時過ぎで放送が終わったときだから絶対におかしいと思ったのよ。

【ラジオを聴いてたら突然変な音が聞こえだした。そしたらもっとヤバいことが発覚した・・・】の続きを読む

shrine-2379047_1280


250マメsageNew!2007/07/24(火)19:52:33
人生でたった一度だけ体験した不思議な出来事です。適当に書くんでだるい人は読まなくていいです。

仕事の昼休み、飯を食い終わっていつものように車に乗り寝ようと思い目をつぶったその瞬間、パッと見たこともない景色が現れた。
 
一瞬何が起きたがわからなかったが、とにかく状況を把握しようと周りを見まわした。

そこは神社らしく、鳥居と前に賽銭箱がある祠(ほこら)があり、そばに893風のおっさんが15人位立っていた。


【昼寝しようと目をつぶったら突然目の前にアレが出てきてビビりあがった・・・】の続きを読む

background-3267244_1280

69:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/01(火)12:38:36.19ID:RMpBr8YG0
文章書くのが苦手なんで読みにくいかもだけど、それでも読んでくださったら嬉しい。ちなみに実体験。

~~~~~~~~~~

つい昨日あったこと。

俺の家は四人家族で、両親と兄がいる。兄は大学生で俺は高校生。だからそれぞれ自分の部屋を持ってる。そして昨日の夜中、それは起こった。

目が覚めた俺は、ちょっと水を飲もうと洗面所に向かう途中、それに遭遇した。俺の部屋は二階にあり、洗面所は一階にある。


【夜中に兄貴の部屋から出てきたヤツが怖すぎる・・・】の続きを読む

alcohol-64164_1280


107本当にあった怖い名無し2018/03/27(火) 16:42:54.20ID:OIyED80k0>>110>>111
昔、夏にコンビニに行きアイスを食べながら家に向かっていると 
後ろから常に一定の距離を保ちながらついてくる白猫がいた。 
私歩く→猫歩く、私振り返る→猫止まる、みたいに。 
すごく暑い日だったから家に着いて、水撒きして、外にある水道から(庭作り用)バケツに水を入れておいたら、庭先の日陰でその猫が水を飲んでいた。 
お腹空いてるのかな、とかぼんやり考えていた。 
それで次に気付いたら病院のベッドで寝ていた。  【後ろを振り返ったらヤツが。気がついたら昏睡状態で・・・】の続きを読む

PP_huro_TP_V4


972 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/08/16(土) 20:46:28.25 ID:vT5KzfgqI.net[1/4]
少し長いけど聞いてくれ。 
俺がまだ小学生だったころ、近所には少々不出来というか、今にして思えば軽度の発達障害を持っていたのであろう一つ下のお子さんがおってね、親同士の仲が良いのでよく俺の家で遊んでいたんだ。 
その子は口数が少なく、俺の言動に妙にちぐはぐな反応をする。
泣くところや大笑いするところは見たことがなかったな。 
そして何度となくその子が家に出入りしていく内に気付いたんだけど、遊びに来るたびに何故か必ず、浴室の電気を付けていくんだ。 
用もないはずの浴室、俺が気付かないようなタイミングを見計らうように。 
アホガキの俺は特に気にも留めず毎回律儀に消灯してやっていた。 

数年が経ち、6年生になった俺は相変わらずそこそこの頻度で訪ねてくるその子と遊んでいた。 
浴室の電気を付けていく謎の行動も相変わらずで、少し成長した俺はようやくその異様さに気付くようになっていた。 
そしてある日、その子が浴室の電気のスイッチを押す瞬間を珍しく目撃した俺はついに聞いたんだ。 
「どうして毎回お風呂場の電気を付けていくの?」って。 

瞬間、その子はギョッとするほど目を見開いて俺の顔をじぃっと見つめてきた。 

【近所の子が謎の行動をするから気になって注意した。すると、ついにソレは起こった・・・】の続きを読む

このページのトップヘ