不思議

color-2457617__340


652: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:AUtuI5Be
ほんの数日前に起きた自分的修羅場。 

俺は地元から離れて、犬と一緒にマンション暮らし。 
明日は休みだから1人でつまみ作りつつゆっくり酒を飲んでたんだ。 
部屋でちびちび飲みながらのんびりしてたら、めちゃめちゃ大きな音で火災報知器がなった。しかもマンション全体で。 

慌てて犬抱いて外を見たら他の住人も「何これどうしよう?!」ってカンジ。 
とりあえずほぼ初対面の住人たちと話し合った結果、マンションの外に出ようということになり、非常階段で降りた。(当然だけど、あーいう時ってエレベーターの電源落ちるんだね) 

【【修羅場】突然、火災報知器が爆音で鳴り出した!!その原因が驚くべきものだった…】の続きを読む

chounouryoku

885: 名無しさん@おーぷん 2014/08/19(火)11:20:47 ID:Fn5YPbhhL
復讐とは違うかもしれないけど投下。

実は私、多少のサイキック的な力があったんだと思う。
学生時代から校長が長話とかが嫌で、必死に

『時計落ちろ~。頭上の時計おちろ~』

って願ったら時計が落ちたり、体育祭のリレーで違うクラスの足が早い男子に向かって

『転べ~。転べ~』


って願ったら激しく転倒したり。
【ガチの超能力者、遂に日本に現れる!!!】の続きを読む

tv_show

574: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/06(日) 23:43:00 ID:Jw++TFYV
子供の頃見たバラエティ。芸能人が指令を受けて、ミッションを遂げるみたいな番組だった。 
その中で「ゾウの涙」を採取して来い、って言うのがあった。どんな事をしたのか 
殆んど覚えてないけど、(さすがに叩いたりはしなかったと思う)
全然取れなくて、最後の手段として 
芸能人がアフリカの写真を見せた。夕日に染まるアフリカの大地。 
【【※TV】バラエティ番組『象の涙を取ってこい』→芸能人がとった信じられない行動がこれ→】の続きを読む

pose_ochikomu_businesswoman

436: 名無しさん@おーぷん 2017/07/22(土)08:46:26 ID:oQa
姉がいるんだが姉が子供のころものすごく暴れる子供だった
それはもう我慢とかできないしちょっと気に入らないとすぐに発狂
何か精神的な病気なんじゃないかと思うくらいに暴れてた

悩みに悩んだ末に両親は母方の叔父にひと月ほど姉を預けると言い出して連れて行ったんだが
そもそも母に弟がいるなんて初めて聞いた
【【※超!狂気】『少女をおっさん』に1ヶ月預けたら別人のようになった→何があったのか聞いた結果…ヤバすぎだろこれ…】の続きを読む

bg_rain_natural_mori

185: ななしのいるせいかつ 2007/10/08(月) 11:07:52
私が東南アジアのとある国に、仕事で行っていた時の事、付近の村の現地住民から、 
「夜中になると、森の中から変な声が聞こえてくるんだ。それが、日本語みたいな気がする」という話を聞いた。
何て声が聞こえるのか聞いたら、「オカアサン」「イタイ」「トツゲキ」「バンザイ」と聞こえ、男の人の泣き叫ぶ声も響き渡り、怖くてトイレにも行けないという。 
実際に確認しに行ってみたら「オカアサーン」って聞こえ驚いた。 
その土地の事を調べてみたら、太平洋戦争時、米軍に追い詰められた日本軍部隊が、万歳突撃を敢行し全員玉砕した所だった。 
帰国する前、その森を同僚達と訪ね、煙草と線香をお供えしたが、今だ成仏できない英霊が沢山いらっしゃると思うと、何だかせつなくなった。 
後日、この話を社長に聞いてもらった所、会社の計らいで日本の僧侶に行ってもらい、慰霊をしてもらった。 
その後、森からの声は全く聞こえなくなったそうだ。
【【※ホラー】夜中になると森の中から『変な声』が聞こえる→確かめた結果・・・】の続きを読む

clock-611619_1280


412:創る名無しに見る名無し:2011/05/31(火) 20:41:13.56 ID:SYQ1JdmM

「まもなく、一番線に快速××行きが――」 
抑揚のないアナウンスがホームに響いている。おれはそれを聞き流しながら深い溜息をついた。 
入社して一年、上司にいびられ、仕事に追われ、そんな毎日だった。 

あの頃の青臭かったが、希望にあふれていた思いはどこへやらだ。
今ではすっかりうらぶれてしまった社会人だ。 
ドアの開く甲高い音が聞こえた。いつの間にか到着していたらしい。
終電間際だというのに、車内は満席だった。 



【あの頃に戻りたいと思った男の末路・・・】の続きを読む

Kazukihiro18117016_TP_V


321: 創る名無しに見る名無し:2009/02/20(金) 02:04:34 ID:XLZw2Iu2
エフ氏は飽きっぽい人だった。 
どのくらい飽きっぽいのかと言うと、
例えば新しい服を買ったと思ったら一回袖を通しただけで捨ててしまう。 

もちろん日記は幼い頃から三日坊主だし、
彼の棚や押入れには読みかけの本ややりかけのパズルが沢山詰まっていた。 
万事そんな具合だったから、エフ氏は定職に就かずにふらふらしていた。 
というよりも仕事にすぐ飽きてしまうのだ。
もしかすると、彼にとっては服を捨てるのも仕事を辞めるのもほとんど同じ事だったのかもしれない。 


【【驚愕】何をしてもすぐに飽きる男の結末・・・】の続きを読む

このページのトップヘ