ちょっと笑える怖い話

    texture171030IMGL0845_TP_V


    49 :創る名無しに見る名無し:2010/09/23(木) 18:50:23 ID:08rYe5hE
    「ねえN子、最近パパの様子がおかしいのよ」 
    携帯から聞こえる母の口調は弱々しいものだった。 
    「え、病気?」 
    「よくわからないんだけど…」 
    「いったいどうしたの?」 
    「記憶がだんだんと無くなって行くみたいなの」 
    「ええっ!アルツハイマー?」 
    「そうなのかしら」 
    「記憶って、どんな?」 
    「家族のこと…昔のこと…」 
    「どうしてわかったの?」 
    「最近やたらといろんなことを聞いてくるようになったの。『お前の誕生日いつだったっけ』とか 
     『昔遊びに言った遊園地ってなんていう名前だったっけ』とか」 
    「それただの物忘れじゃないの?」 
    「私も初めはそう思ってたんだけど、今日ね…」 
    「うん」 
    「『お前の名前なんだっけ』って言うわけ。私悲しくなって…でも『何言ってるのよK子ですよ』って 
     笑ってごまかしたんだけど…」 
    「ママ、早くパパを病院へ連れて行ったほうがいいわよ」 
    「ええそうね、そうするわ」 


    【父がアルツハイマーになった。怖くなって実家に戻ってみると・・・】の続きを読む

    kokubankaku_0I9A2307_TP_V


    47 :創る名無しに見る名無し:2010/09/23(木) 15:49:20 ID:08rYe5hE
    今日はもう一つ、いいオチではないんですけど… 

    【世界がもし100人の村だったら】 

    「『世界がもし100人の村だったら』のみなさんの感想文、読ませていただきましたよ。 
     とってもよく書けていました。じゃあ今からお返ししますね」 

    「M子ちゃん、ちょっと」 
    「はい、先生」 
    「少しお話があります。放課後、職員室まで来てくださいね」 
    「はい…」 


    【読書感想文について先生が放課後に生徒を呼び出した結果・・・】の続きを読む

    cheers-839865_1280


    94: 創る名無しに見る名無し:2010/10/09(土) 22:22:08 ID:d+ojtWDQ

    その部屋には、一人の男が一日中酒を飲んで過ごしていた。 
    とは言っても、今日は休日ではない。男はかなり前から会社には行っていなかった。 
    普通は、すぐにお金に困るはずだが、男はそうならなかった。 
    彼は鞄を持っていた。それは少し大きめでの色あせた、時代を感じさせる鞄だった。 

    もう一年ほど前になるだろうか。男がまだ会社にきちんと勤めていた頃。 
    彼はとても真面目な人物だった。真面目に働き、誤魔化しをしない。
    嫌がられている仕事を進んでやる。良い人の良い所ばかりを集めたような人物だった。 

    【一日中酒ばかり飲んで過ごしていた男の最後・・・】の続きを読む

    zeppelin-3292242_1280


    40: 創る名無しに見る名無し:2010/09/22(水) 12:25:43 ID:ePZQFWsi
    F博士の研究室 

    「これでよし、完成じゃ」 
    「やりましたね博士!と言っても僕はこの装置のことをよく教えてもらってませんが…」 
    「そうじゃったな。完成する前にこの装置の情報が漏れては命が危なかったのでな。すまんかった」 
    「もしや兵器…ですか?」 
    「まあそんなもんじゃ。この装置はミニブラックホールを発生させて一瞬に周囲の物をすべて飲み込んでしまう」 
    「それはすごい!」 
    「そこまで知らんかったとは。君を助手に採用して正解だったようじゃ」 
    【世界を一瞬で破壊することのできる軍事兵器を発明した・・・】の続きを読む

    pen-1743189_1280


    268: 創る名無しに見る名無し:2012/11/12(月) 18:37:15.69 ID:PsIkqJGI

    『…という訳で一週間後にあなたの命を頂いていきます 
    それまで身の回りの整理をしてて下さい』 

    軽い口調で死神はR氏にそう言った。 

    「私があと一週間の命で、あなたに殺されてしまうのは諦めましょう 
    でも一つだけ心配事があるのです」 

    R氏は不安そうに死神に言う。 

    「やっぱり死ぬ時は痛いんでしょうか?出来れば何の苦しみもなく死にたいのですが…」 

    『ご安心下さい、何の痛みもなく一瞬で死ねるコースと 
    ものすごい激痛を伴いながら死ぬコースと2つ用意しています 
    楽に死ねるコースで良いですね?』 

    「コース?は、はい、それで良いです…」 

    『分かりました!では一週間後!』 

    そう言い残して死神は消えていった。 
    変な死神が来てしまったと不安になるR氏。その時後ろから声が聞こえた。 

    『署名お願いします』 

    R氏が振り返ると白い服の見たこともない男がいる。 
    足元を見ると宙に浮いている。幽霊だということはすぐに分かった。 


    【余命1週間の男が死後の世界に署名した結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ