短編

cheers-839865_1280


94: 創る名無しに見る名無し:2010/10/09(土) 22:22:08 ID:d+ojtWDQ

その部屋には、一人の男が一日中酒を飲んで過ごしていた。 
とは言っても、今日は休日ではない。男はかなり前から会社には行っていなかった。 
普通は、すぐにお金に困るはずだが、男はそうならなかった。 
彼は鞄を持っていた。それは少し大きめでの色あせた、時代を感じさせる鞄だった。 

もう一年ほど前になるだろうか。男がまだ会社にきちんと勤めていた頃。 
彼はとても真面目な人物だった。真面目に働き、誤魔化しをしない。
嫌がられている仕事を進んでやる。良い人の良い所ばかりを集めたような人物だった。 

【一日中酒ばかり飲んで過ごしていた男の最後・・・】の続きを読む

restaurant-1799414_1280


67: 創る名無しに見る名無し:2010/09/26(日) 14:43:39 ID:EuUadzBO
F博士の研究室 

「よしっ、これで完成じゃ」 
「博士、今度の発明は何ですか?」 
「キミにはこれが発明品に見えるのかね?」 
「いいえ、ただのハンバーグに見えます」 
「そうじゃろう。どうもキミはわしが『完成じゃ』と言うと必ず何かを発明したと思うようじゃな」 
「一種の職業病ですかね」 

【裏切りを起こした発明家の助手の末路・・・】の続きを読む

chains-19176_1280


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/08(土) 14:12:02.79 ID:uS6ea8G60

華子の住む家は、地元でも有名な金持ちの家だった。
彼女は八才だが、その年で奴隷を従えているのだ。 
奴隷は華子にとって、いなくてはならない存在だった。
彼女が何も命令せずとも、奴隷は勝手に彼女の為に働き続けるのだ。


【あるお金持ちの家の奴隷の正体・・・】の続きを読む

PAK_attaka9V9A7707_TP_V
43: 風吹けば名無し 2018/05/01(火) 02:51:34.48 ID:Ph08cbL6d
僕の家の玄関にはセンサー式の明かりが付いていて、僕が家に帰ってくるとパッと明かりがつく。 
実に良い。正直者だ。 
それにひきかえうちの前の自動販売機はなんだ、いつでも僕が前を通ると明かりがついている。 

【キ○ガイさんの書き込みがマジでヤバすぎる・・・】の続きを読む

grim-reaper-2974959_1280


831:本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 08:07:00 ID:/FqlreZh0
知人のクラスメイトの話。 

彼は誕生後のお宮参りに行った際に、
坊さんに「この子は神様の子だから、長生き出来ないね」と言われた。 
彼の両親は、「生まれたばかりの子に何て事を言うのだろう」とカンカンで、
別の所にまたお参りへ行ったのだが、そこでもやはり同じ事を言われた。 


【クラスメイトが死神を見た。その後の展開に身震いした・・・】の続きを読む

KAI427030_TP_V


446: 本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 02:36:43.04 ID:L1lKzzZI0
まあしかしHIVは怖いよ 
ちょっとコピペ 

[エイズ患者]自分の血液塗った弓矢で市民襲撃計画 中国 
エイズの末期患者の男(23)が社会を逆恨みし、自分の血液を塗った弓矢や注射器で 
市民を襲う計画を進めていた事件が中国南部の広西チワン族自治区であった。 


【ウォーキング・デッドみたいな話が中国で起こった・・・】の続きを読む

KAI427000_TP_V


573: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/09(土) 13:13:44.82 ID:UILoBRxC0

「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」 
「あぁ、あったな。それがどうした?」 
「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」 
「マジで?!」「えぇ~うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。
「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」 

【大学生7人が無人島で殺された。その犯人の正体は・・・】の続きを読む

このページのトップヘ