心霊

blur-3224650_1280


841:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2012/07/23(月)00:19:03.77ID:BdvSTXMj0
大学時代の経験を一つ。神奈川の、敷地だけは広い某大学でのこと。

講義を受けてる時に、遠方の校舎の屋上から飛び降りる男を見た。俺は窓からその光景を見ていたんで、驚いて立ち上がったんだけど、声を上げようとしておかしなことに気づいた。男が落ちた場所に死体が無い。

おかしいな、と思ってもう一度屋上を見ると、また同じ男が屋上からダイブしていた。そして地面に墜落する寸前に消えた。んで、また屋上から飛び降りる。あとはもうエンドレスだった。
【自殺をする人間の末路が悲しすぎる・・・】の続きを読む

pen-1743189_1280


268: 創る名無しに見る名無し:2012/11/12(月) 18:37:15.69 ID:PsIkqJGI

『…という訳で一週間後にあなたの命を頂いていきます 
それまで身の回りの整理をしてて下さい』 

軽い口調で死神はR氏にそう言った。 

「私があと一週間の命で、あなたに殺されてしまうのは諦めましょう 
でも一つだけ心配事があるのです」 

R氏は不安そうに死神に言う。 

「やっぱり死ぬ時は痛いんでしょうか?出来れば何の苦しみもなく死にたいのですが…」 

『ご安心下さい、何の痛みもなく一瞬で死ねるコースと 
ものすごい激痛を伴いながら死ぬコースと2つ用意しています 
楽に死ねるコースで良いですね?』 

「コース?は、はい、それで良いです…」 

『分かりました!では一週間後!』 

そう言い残して死神は消えていった。 
変な死神が来てしまったと不安になるR氏。その時後ろから声が聞こえた。 

『署名お願いします』 

R氏が振り返ると白い服の見たこともない男がいる。 
足元を見ると宙に浮いている。幽霊だということはすぐに分かった。 


【余命1週間の男が死後の世界に署名した結果・・・】の続きを読む

lever-3090764_1280


139: 創る名無しに見る名無し:2010/10/21(木) 19:16:55 ID:0MZ+TgiD

ある日、アール博士の研究所に、友人のエヌ氏が招かれた。 
エヌ氏は研究所内を見て回り、そしてある部屋にたどり着いた。
エヌ氏は不思議そうな表情を浮かべて言う。 

「この部屋にはレバーしかないようですが」 
「はい、レバーだけです」 
「このレバーを引くと何が起こるんですか」 
「何だと思いますか」 
「うーむ。わかりませんなあ」 
「もし当てることができたなら、大金を差し上げましょう」 
「それは本当ですか。では当てて見せましょう。うむむ……」 
 エヌ氏は腕を組み、悩んだ。悩んだ末に出した結論は、「部屋拡充装置」。 
 しかし、アール博士は首を横に振った。 

「残念ですな。ハズレです」 
 だが、エヌ氏は悔しそうな素振りを一切見せなかった。 
「博士の発明品は奇抜ですからなあ。考えるだけ時間の無駄だったかもしれません。で、正解は何なのですか」 
「それでは、お教えしましょう。なんと、これは幽霊発生装置なのです」 
「ほお、実に面白いですな。ところで、この装置はどういった時に使うのですか」 
「心霊屋敷や、あまり人を近づけたくないような廃墟での使用が目的ですかな」 
「なるほど。既に商用化を見越していらっしゃるんですね」 
「ただ、まだ実験さえしていない状況なので、実際にどのようになるのかは神のみぞ知るということなのです」 


【幽霊発生装置とかいう謎の装置を作ったというので体験してみた・・・】の続きを読む

PP_midtown_TP_V1


490:エメロン:05/01/0413:06:59ID:/71kwdeT
昨日、冬休みということもあり深夜まで夜更かししてました。

二時半頃、夜食を買いに蔵前通りの街道をファミレスに向かい歩いていました。この辺りは電灯が非常に多く夜でも安心できるからです。

西小岩交差点近くの高架路から、ふらつき気味の人影が現れました。新年会帰りかな?と思いそのまま通り過ぎようとしましたが、近づくにつれその人が何やら怪我をしているように流血しているのが見えたのです。


【【衝撃】冬の帰り道に怪しい人影が。←こいつの正体がエグすぎる・・・】の続きを読む

moon-1527501_1280


477:本当にあった怖い名無し :2008/05/14(水)22:54:08ID:0CAI4x1kO
二か月前まで働いていた病院での体験。

足を折った幼い女の子が入院してて、その子がある病室の前を通るとすごく怯えるんですね。早く行こうよ、って。

気になって聞いてみても何にも言わないし放っておいたんですけど、あるときその子が真夜中にナースコールを押して来て、


【入院していた女の子の目線の先にあったもの・・・】の続きを読む

Kazukihiro18117015_TP_V


391 名前:388 投稿日:02/07/23 13:43

じゃあ、書きますね。読みにくかったらスマソ。 


リア厨の頃、私はよく金縛りにあってました。(今はぜんぜんそんな事ないんだけど) 
その時も金縛りが来て、私は


「早く解けないかなー」


とウンザリしながら、 
頭の中でジタバタもがいていました。


【【朗報】ウソだろ!!金縛りにあった時の対処法が遂に見つかるwwwww】の続きを読む

C789_usukuraikyoshitu_TP_V


679:1/3 :2009/07/25(土)23:35:14ID:oIwaIgZdO
これは私の父が体験した一昨年の夏の話。

父はスポーツ少年団でバレーボールの指導をしている。夏は1泊2日の合宿があり、その年は父兄が山の温泉にある施設を手配してくれた。

父や子供達は併設されたの体育館で練習に励み、明日の練習に備えて早めに床についた。

父が通されたのは30畳ほどある大広間。部屋の入口から見て右側の一番奥に父、大分離れた入口の手前にOGの中学生姉妹2人、姉妹の足下に1人で参加した男子中学生の合計4人。

父兄と小学生は壁で隔たれた隣室に寝ていたそうだ。

夜も更けてみんなが深い眠りに落ちた頃、廊下で何やら声がしていた。父の部屋の入口は暑さで開けっ放しの為、廊下の声が入ってくる。

「マ、マー、マ、マー、マ、マー…」

小さい女の子が母親を呼ぶか細い声だ。参加者の中に父兄が不参加だった子供が何人かいる。

【部屋の入り口の廊下から子供の叫び声が聞こえる。その正体にゾッとした・・・】の続きを読む

このページのトップヘ