心霊

P1030285-Edit_TP_V


947: 本当にあった怖い名無し 2018/02/21(水) 01:16:01.88 ID:9FNoeEYF0
コンビニでバイトしてた時の事 
俺はどうも感じるタイプの人で、やばい場所に行くと全身の毛が総毛立つような感覚を覚える 
オカルトは好きだけど、心霊スポットは勘弁 
みたいな人間だ 

その日、バイトに行くと店長の様子が変 
それ以上に近づきたく無い、なにかヤバイ、そうとしか言えない様な感覚に襲われながらも、仕事なので仕方ない 
挨拶しながらタイムカードを切っていると店長が 
「やべー痛くて死ぬ。首がまわらねぇー」 
と独り言を 
「どうしました?」 
聞くと、出勤途中でセブンに寄り、駐車場で携帯を弄ってると急に寝違えたように首が回らなくなったらしい 

【【朗報】常連のおばさん、取り憑かれた店長を助けるwwwww】の続きを読む

N866_usuguraikousyanorouka_TP_V


182: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:01:58.08 ID:akxsUpZ40
すごく長いです 

小学4年生のころ私のクラスで心霊ブームがおきました 

きっかけは1人の女の子Gが自分は霊能力があって霊能力がある人を見分けられるなんて言い出したことでした 
Gの周りにみんな集まると、一人ずつ手をとって図形?を描いていくんです 

図形を描かれた人には霊能力があるらしく、 
私も手を出したときに十字架の絵を描かれてちょっとうれしかったような気が・・ 

そのGがある日、霊界へ行く遊びを見つけたなんて言いました 
【【衝撃】学校で心霊ブームが起きたんだが、その結果が悲惨すぎる・・・】の続きを読む

20140326-P1030086_TP_V


744名前:マリィ投稿日:01/10/3116:31
私が体験したことを書こうかな。

今から6年前。

水商売をしていた私は、その日に限って0時頃帰れた。
風呂に入りたかったけど、面倒になったからいいや寝ちゃえ。

と思い、顔だけ洗って布団に入った。
すぐに眠りに落ちて、しばらくすると目が覚めた。

時計を見ると午前2時半ぐらいだった。
もう一度寝ようと思い、目を閉じて少したつと金縛りに遭った。

私の意識は、まだある。
なんだ?疲れてるのかな・・・


【ホステスの家に何者かが侵入した結果www】の続きを読む

Kazukihiro18117016_TP_V


109 : 本当にあった怖い名無し[sage] : 2008/06/08(日) 10:57:27 ID:nKcBN+8r0
流れが止まったんで 
長いけどごめん。ネタだと思って聞いて。 
4年位前の話。俺が高2のとき、婆ちゃんが死んだ。 
脳溢血っていうので、一回倒れて、そのまま病院から帰ってこなかった。 
お通夜では俺が別れの言葉を言わせてもらったんだけど、せっかく寝ないで考えた原稿も 
しゃくりあげて結局上手く言えなかったのが凄い心残りだった。 
それでその日の夜は俺の親父が蝋燭番(?)をしなきゃいけない日だったんだけど、 
親父は次の日の準備とか病院の片付けとかをやらなきゃいけなかったらしくて、 
親戚もそこまで気が回らなかったのか代役を立てずに蝋燭番なしでその夜を過ごしたんだ。 


【高校生さん、お婆ちゃんの葬儀でヒドい目にあう。←未だに解決できず完全にオワタ・・・】の続きを読む

PAK45_ekinobenchitohome1337_TP_V4


642:617:2008/10/09(木)21:31:54ID:mXzPZGk2O
半年ぐらい前の話。僕は新宿に行く為駅に向かった。最寄り駅は地下鉄都営〇〇線の『西〇〇』という駅。

改札を過ぎてホームに行くと、ホームの真ん中で背中をこっちに向けて泣いてる女がいた。女は両手でハンカチを顔に当て、肩を震わせていたので泣いてる様に見えた。

また女は背中が尋常じゃないぐらい濡れていた。それが汗でなのかは分からなかったけど、その日は晴れていた。


【電車のホームで幽霊に出会ってしまう→はじめての体験なんだが、これマジ!?】の続きを読む

horror-3099505_1280


505: 1/4 2010/06/24 14:54:37 ID:2baYGPaj0

会社の同僚が亡くなった。 
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 

Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。 

亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。 
 
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」 

趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、ということだった。
俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろといったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKはきっぱり言った。
いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。 


【同僚が遺言を撮影してくれと頼んできた。→その映像が悲惨すぎる・・・】の続きを読む

PAK93_fuzakeyagattekabedon20140322_TP_V4


497:本当にあった怖い名無し :2006/06/22(木)11:17:04ID:BeDpXAH30
最近引っ越したアパートの隣人の事。

ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあいさつなどは特にない。(あいさつに行っても、生活時間がまちまちで会えない事が多いから)

自分が入居してしばらくすると、深夜隣から声がする事に気が付いた。隣に住んでるんだから声がしてもおかしくないんだけど、ちょっと気になった。

『なんなんだ、どうしてだ、やめてくれ』など。毎日、毎日、繰り返される。

ある日、朝の出かけに隣人と出くわした。あいさつも兼ねて声を掛けてみた。気弱そうだか人の良い感じ、聞くと近くの大学に通っているらしい。

一緒の駅を利用しているとの事だったので、その朝は雑談しながら行く事にした。するとちょっと言いにくそうに彼は聞いてきた。

『引っ越してから部屋はどうですか?』

二階の角部屋で日当たりも環境もまぁまぁ、わりと気に入ってるっと話すと

『いや・・・まぁ・・・そうなんですけど・・・』

っとなんだかハッキリしない口調。気にはなったが駅に着き、ホームが違うのでそこで別れた。

その晩も、その後もやはり深夜の声は続いた。

 
【引越したアパートの部屋の隣から声が聞こえる。←いや、これアカンやつやった・・・】の続きを読む

このページのトップヘ