心霊

    horror-3099505_1280


    505: 1/4 2010/06/24 14:54:37 ID:2baYGPaj0

    会社の同僚が亡くなった。 
    フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 

    Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。 

    亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。 
     
    「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」 

    趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、ということだった。
    俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろといったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKはきっぱり言った。
    いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。 


    【同僚が遺言を撮影してくれと頼んできた。→その映像が悲惨すぎる・・・】の続きを読む

    PAK93_fuzakeyagattekabedon20140322_TP_V4


    497:本当にあった怖い名無し :2006/06/22(木)11:17:04ID:BeDpXAH30
    最近引っ越したアパートの隣人の事。

    ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあいさつなどは特にない。(あいさつに行っても、生活時間がまちまちで会えない事が多いから)

    自分が入居してしばらくすると、深夜隣から声がする事に気が付いた。隣に住んでるんだから声がしてもおかしくないんだけど、ちょっと気になった。

    『なんなんだ、どうしてだ、やめてくれ』など。毎日、毎日、繰り返される。

    ある日、朝の出かけに隣人と出くわした。あいさつも兼ねて声を掛けてみた。気弱そうだか人の良い感じ、聞くと近くの大学に通っているらしい。

    一緒の駅を利用しているとの事だったので、その朝は雑談しながら行く事にした。するとちょっと言いにくそうに彼は聞いてきた。

    『引っ越してから部屋はどうですか?』

    二階の角部屋で日当たりも環境もまぁまぁ、わりと気に入ってるっと話すと

    『いや・・・まぁ・・・そうなんですけど・・・』

    っとなんだかハッキリしない口調。気にはなったが駅に着き、ホームが違うのでそこで別れた。

    その晩も、その後もやはり深夜の声は続いた。

     
    【引越したアパートの部屋の隣から声が聞こえる。←いや、これアカンやつやった・・・】の続きを読む

    teddy-bear-440498_1280


    946 :本当にあった怖い名無し:2006/04/12(水) 10:12:00 ID:cr2+0dQ+0
    私の一番古い記憶は三歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 
    手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。 
    祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来る公園なのだからきっとすぐわかるはず。 
    そのうち、風に揺られてるのかブランコに揺られてるのかわからなくなる。 

    私は母に虐待されて育った。 
    飲み物をこぼした、ちょっと足音をたてて歩いた、声を出して笑った。そんな理由ですぐ折檻された。 
    気が済むまで殴られる、安全ピンでお尻を刺される、冬に水風呂に入れられる。 
    煙草を吸わされ背中を灰皿にされる、食事を抜かれる、家に入れてもらえない。 
    私に向かって拳を振り上げる母は、喜んでいるように見えた。 
    父は見て見ぬ振りをした。 
    失敗して叱られ何度も蹴られる私の横で、テレビを見ながら食事をしてた。 
    終わると、「お母さんの言うことをちゃんと聞きなさい」と言った。 

    【私は母に虐待されていた。いつも助けてくれた祖母が・・・】の続きを読む

    HO_15398031479_82fa17825b_o_TP_V


    105 :本当にあった怖い名無し:2012/11/01(木) 02:46:52.65 ID:ONQeCqwh0
    俺が3年程前まで働いていたパチンコ屋の話。
    場所は神奈川県某所、国道沿いに立つボッタ店。 

    客からチョコチョコ噂は聞いていた。
    便所が勝手に流れたとか夜中にパチンコ台が動き出したとか。
    まぁパチンコ屋に付きものの他愛もない話。 
    特に気にしていた訳でも無かった。あの日までは。 

    その日は新台入れ替えでスタッフ全員が遅くまで仕事をしていた。
    ようやく入れ替え作業が終わり1階の休憩所(二階建てで一階が休憩所と社員の寮になっている)でスタッフ達と談笑していた時の事だ 

    休憩所の店長室からの直通電話が鳴った。
    当時リーダーと言う立場の俺が電話を取ると店長が不思議そうにこう言った 

    「駐車場の鍵しめたよね?」 


    【夜中にパチンコ屋の駐車場に不審な車が。→この後、身の毛のよだつ展開に・・・】の続きを読む

    Kazukihiro18117014_TP_V


    622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/29(日) 12:34
    本当の本当に、ほんのりというかうっすらです。 

    小学生から空手やってて、高校・大学の時に児童部(小学校6年未満)の指導員やってたことあります。 
    高2の夏の合宿の時、夜中、生徒たちが騒いでいるんです。 
    「まーだ、起きてるのか。明日も早いってのにしょうがない連中だ」と注意しにいったら、騒いでいるのは女子部屋で、15人くらいいるうち、半分以上が泣きじゃくっている状態だったのです。 
    「なんだ、いったい、どうしたんだ?」と聞くと、A子(小6)が就寝時間の時に「ねーねー? エンジェルさんって知ってる?」とコックリさんをやろうと言い出したそうで。 
    その時、「ダメだよ、絶対にやめようよ」とB子(小4)が懇願したにも関わらずA子が他の何人かの生徒とやり始めちゃったんですね。 

    質問を進めていくうちに、風もないのに窓がビリビリカタカタと振動し始め、 
    みんなが「変だな」と窓を一斉に見た瞬間、窓一面に手手手手手手手・・・ 

    【合宿の夜中にコックリさんをやった→すると窓一面に手が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ