修羅場

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 21:25:23.12 ID:s92r1ZgS0
他に良い漢字あるかな?
【子供の名前を「昇天(つばさ)」にしたいんだけど】の続きを読む

1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 17:56:52.73 ID:xfhunH2M0
赤ん坊の母親に、それ車の中にでも置いてこいよって言ったら逆ギレされた
それって言い方が悪かったのかね
【ファミレスで赤ん坊がずっと泣いてた。母親に「それ車の中にでも置いて来いよ」と言ったら・・・】の続きを読む

845:名無しさん@おーぷん 2017/12/24(日)07:58:33 ID:8ce
中1の娘は正義感も強くクラスのリーダー的存在です。
娘のクラスに性同一性障害でもないのに1人だけ保健室で着替える子がいるらしく、娘や娘の友達がその子に「教室で着替えなきゃダメ。」と注意しています。年配の担任は「プライバシーがあるから理由は言えないが先生も認めている。」とその子ではなく娘を叱る始末です。

「1人だけ特別扱いはやめろ。」と娘達も学年主任や校長まで直談判に行っても「事情があるから。」と濁らされます。
主人が「コルセットをしているか身体に傷があるのだろうからそっとしといてやれ。」と娘に言うので私も頭にきました。

娘はその言葉を聞いて確かめることにしたそうですが、その子の身体を娘の友達に触ってもらったところ、何かつけている様子は見られなかったそうです。傷は体操服の半袖半ズボンを見る限りないそうです。その子も「じゃあ、トイレで着替える。」と教室で着替えることを頑なに拒みます。

最近では「娘さん達が◯◯さんと仲良くしないようにしようと呼びかけるせいで、みんなが怖がって◯◯さんを避けるようになった。これは明らかにいじめだからやめてほしい。」とまで言われました。今は冬休みですがこんな学校に通わせるのは心配です。
教育委員会に訴えるつもりですが他にできることは何かないでしょうか…。
【正義感の強い娘(中1)が、一人だけ保健室で着替える生徒を注意したら、担任に「先生も認めてる事だ!」と叱られた】の続きを読む

1: 以下、VIPがお送りします 2016/03/26(土) 13:08:48.573 ID:ED45GsQn0
寿退社女「見て~ウチの子連れてきたぁ。可愛いでしょ^^」

アトピーで皮膚真っ赤、鼻水ずるずる赤子「あうあうあーwwww」

社員A「あいつ会社やめたよな? 何しに来たんだ?」ボソボソ

社員B「さ、さぁ」ボソボソ

女「ウチの子抱いていいわよ?」チラッ

アトピーで皮膚真っ赤、鼻水ずるずる赤子「あうあうあーwwww」

社員A「ええ……」

社員B「は、ははは……そりゃどうも」

俺(うわぁ汚い……)
俺「可愛いお子さんですね」

アスペ(うわっ汚い)
アスペ「うわっ汚い」

俺(おい、思ったことそのまま口に出すなよ……)

女「あん」

アスペ「ちょ、私はそれ抱きませんからね。それ以上近づけないでください」
【寿退社した女「見て~ウチの子連れてきたぁ。可愛いでしょ^^」アスペ社員「うわっ汚い」→すると・・・】の続きを読む

24:名無しさん@おーぷん 2018/01/24(水)20:04:28 ID:F9u
新婚旅行に姑がついてきたって記事がたまにあるけど、うちの場合は旦那の先輩が付いてきた。
旦那(26)私(25)先輩(28)高校の部活の先輩だって。
ちなみに海外旅行じゃなく、国内の某温泉行き鈍行列車の旅だった。
旦那が鉄ちゃん気味で、旦那希望の旅行で私も別に嫌じゃなかったからOKしたんだけど
まさか同じく鉄ちゃんの先輩(28歳男)がついてくるなんて思わなかったよ。
しかも宿も一緒。ありえん。

私に内緒で、食事も布団も一人分増やしてやがった。三人同じ部屋で寝ろってか。
先輩の前では精一杯にこやかにふるまって、駅弁買いに行くふりして途中の駅で降りた。
「乗り遅れちゃったの?」と旦那からメールの嵐だったが無視。
下車した駅のホームから、私両親、義両親、義姉に事の次第をメール。
「見ず知らずの男性と一つの部屋で寝るなんてできません。新婚旅行なのに酷い…」
と送ってからタクシーで実家に帰った。
【新婚旅行の当日、夫「先輩が同行する事になった。宿も同じ部屋」先輩「よろしく」私「は?」→結果・・・】の続きを読む

643: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/26(木) 10:58:09
昨日入院中の嫁の見舞いに二週間ぶりに行った。
絶対安静で風呂にも入れないらしく汚かった・・・。
人間って風呂に入らないだけであんなに変わるのか?
【【怒涛の展開】絶対安静で入院中の嫁の見舞いに行ったら、すごい汚くなってドン引き。髪をとかす配慮もないのか】の続きを読む

このページのトップヘ