衝撃的

136: マジレスさん 2016/01/02(土) 20:46:08.27 ID:GaOUNPnf
私は32歳年収580万円のサラリーマンです。結婚願望があり、結婚相談所に
登録しています。相手の女性の条件に合う方のみ、であいのセッティングを
申し込んでいます。
 しかし、お会いしてくださった女性の全員は失望感に満ちた表情をして、
断ってしまいます。趣味はスキー、アウトドア、国内旅行、賭け事しない・タバコ吸わない。

なのですが、精神障害者手帳3級かつ自動車運転免許をもっていないの
2点です。
 結婚相談所のアドバイザーに相談したところ、手帳持ちは仕方がないと、
 ただ、多くの女性が望むドライブができないことは男性として致命傷だ
 そうです。例外ももちろんありますが…
【【婚活】32歳の男だけど、精神障害3級+運転免許ナシのせいで女性にお断りされる。免許取った方がいいの?】の続きを読む

80: おさかなくわえた名無しさん 2010/05/09(日) 10:32:28 ID:bAXcajPH
昨日の夜、嫁がスーパーで買ってきたステーキを食べながら
「やっぱり中国の肉はイマイチだね」って言うもんだから
この肉中国産?って聞いたら「うん、豪州産!」って言い放った時
【家でステーキ食べてたら、嫁「やっぱり中国の肉はイマイチだね」俺「え?これ中国産なの?」→するとwwwwww】の続きを読む

103: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/07/12(火) 00:19:17.41 ID:sHGadRj3
安い焼き鳥屋のカウンターで隣りになったおばちゃん二人組がTVドラマの話をしてた
どんな俳優がどんな役やっててあのシーンが面白かったとかあのアイドルが目立たない役やってたけど
見直してたら案の定なにかの賞を獲ってたとか、すごく幅広く会話してて感心した
二人がどうしても思い出せない知名度の低いドラマのタイトルをたまたま覚えてたから酔った勢いで横から
教えたら意気投合してメアド交換した
【【驚愕】焼き鳥屋で飲んでたら、2人組のおばちゃんと意気投合。数年後、2人のおばちゃんはなんと・・・】の続きを読む

840: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 22:16:47.68 ID:sxF4AZAh0
ハゲで自殺した知り合いの友人が気の毒。
真面目で努力家で優しいんだけど、ハゲのせいで全然恋人ができない…
仕方なくア●ランスの育毛コースに200万つぎ込み、それでも結局生えず、
こんどはアー●ネイチャーのヅラにもう200万。
【400万円かけてもハゲが治らなかった知人。女性たち「ハゲとは結婚できない」→最悪の結末・・・】の続きを読む

882: 可愛い奥様 2013/01/09(水) 22:23:09.05 ID:/D4bad5oO
子供の幸せ第一に考えると再構築。
自分本位なら離婚だよね。もちろん「浮気くらい」って平気な人は再構築。
うちみたいにプリが出産するくらい悲しい結末なんていないだろうから、みんなはクヨクヨする必要なくて良いよ。
【【鬼畜】夫が知的障害の女の子を妊娠させた!私「産んでもらいましょ」夫「え?」→関係者で話し合った結果・・・】の続きを読む

204: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)22:56:00 ID:ciD
職場に45歳で独身の男性Aがいる。
その人、今までは「結婚願望はあるんだけどねー、なかなかこの人!って人がいなくってさー」とか言ってて
“自分と釣り合う女性がいない”的な言い訳をしてたんだ。
まぁそれなりに名の知れた私立大学出身で身長も180cmぐらいあるし、
顔もイケメンに近いって言うか(仲村トオル似)若い頃はそこそこモテたろうな、とは思うけど
本気で結婚する気があるのならそんな余裕かましてる年かなって感じ。
【【婚活】イケメン高学歴な男「条件は一つなのにうまくいかない…」→条件聞いたら、私「それ最悪ですよw」男「えっ」】の続きを読む

423: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:SUrhz0Tr
今現在の修羅場・・・心の修羅場です。
今までにあった、というスレタイに逸れていてすみません。
義母がいよいよ・・・という時を迎えている。
医者からもういつお迎えがきてもおかしくない状態と言われてから半月、
危篤になっては持ち直し、又危篤になっては持ち直し、
なんだかよく知らないけど、とりあえず今は安定している。
義母本人は目が覚めていてもボーッとした感じ。

私と義母とは確執があった。
夫とは同居結婚だったんだけど、結婚して2年目に流産してから
その後子供に恵まれることがなかった為、
流産させたことをずっと責められていた。
それで鬱になって、義父の勧めもあって別居することにした。
【【確執】病床の姑が、いよいよお迎えという時になって私にこう言った。最期の復讐なんだろうか・・・】の続きを読む

このページのトップヘ