幽霊

    pen-1743189_1280


    268: 創る名無しに見る名無し:2012/11/12(月) 18:37:15.69 ID:PsIkqJGI

    『…という訳で一週間後にあなたの命を頂いていきます 
    それまで身の回りの整理をしてて下さい』 

    軽い口調で死神はR氏にそう言った。 

    「私があと一週間の命で、あなたに殺されてしまうのは諦めましょう 
    でも一つだけ心配事があるのです」 

    R氏は不安そうに死神に言う。 

    「やっぱり死ぬ時は痛いんでしょうか?出来れば何の苦しみもなく死にたいのですが…」 

    『ご安心下さい、何の痛みもなく一瞬で死ねるコースと 
    ものすごい激痛を伴いながら死ぬコースと2つ用意しています 
    楽に死ねるコースで良いですね?』 

    「コース?は、はい、それで良いです…」 

    『分かりました!では一週間後!』 

    そう言い残して死神は消えていった。 
    変な死神が来てしまったと不安になるR氏。その時後ろから声が聞こえた。 

    『署名お願いします』 

    R氏が振り返ると白い服の見たこともない男がいる。 
    足元を見ると宙に浮いている。幽霊だということはすぐに分かった。 


    【余命1週間の男が死後の世界に署名した結果・・・】の続きを読む

    lever-3090764_1280


    139: 創る名無しに見る名無し:2010/10/21(木) 19:16:55 ID:0MZ+TgiD

    ある日、アール博士の研究所に、友人のエヌ氏が招かれた。 
    エヌ氏は研究所内を見て回り、そしてある部屋にたどり着いた。
    エヌ氏は不思議そうな表情を浮かべて言う。 

    「この部屋にはレバーしかないようですが」 
    「はい、レバーだけです」 
    「このレバーを引くと何が起こるんですか」 
    「何だと思いますか」 
    「うーむ。わかりませんなあ」 
    「もし当てることができたなら、大金を差し上げましょう」 
    「それは本当ですか。では当てて見せましょう。うむむ……」 
     エヌ氏は腕を組み、悩んだ。悩んだ末に出した結論は、「部屋拡充装置」。 
     しかし、アール博士は首を横に振った。 

    「残念ですな。ハズレです」 
     だが、エヌ氏は悔しそうな素振りを一切見せなかった。 
    「博士の発明品は奇抜ですからなあ。考えるだけ時間の無駄だったかもしれません。で、正解は何なのですか」 
    「それでは、お教えしましょう。なんと、これは幽霊発生装置なのです」 
    「ほお、実に面白いですな。ところで、この装置はどういった時に使うのですか」 
    「心霊屋敷や、あまり人を近づけたくないような廃墟での使用が目的ですかな」 
    「なるほど。既に商用化を見越していらっしゃるんですね」 
    「ただ、まだ実験さえしていない状況なので、実際にどのようになるのかは神のみぞ知るということなのです」 


    【幽霊発生装置とかいう謎の装置を作ったというので体験してみた・・・】の続きを読む

    Kazukihiro18117015_TP_V


    391 名前:388 投稿日:02/07/23 13:43

    じゃあ、書きますね。読みにくかったらスマソ。 


    リア厨の頃、私はよく金縛りにあってました。(今はぜんぜんそんな事ないんだけど) 
    その時も金縛りが来て、私は


    「早く解けないかなー」


    とウンザリしながら、 
    頭の中でジタバタもがいていました。


    【【朗報】ウソだろ!!金縛りにあった時の対処法が遂に見つかるwwwww】の続きを読む

    carpenter-3276186_1280


    128: 本当にあった怖い名無し:2012/09/11(火)20:50:24.05ID:8+hoiBq5O

    父から実際に聞いた話です。

    木工職人だった父が夜遅く作業場の片づけをしていると、背後で人の歩く足音がします。


    オガクズを踏みしめるさく…さく…という音がはっきりと聞こえます。

    こんな時間に人が来るなんて。不気味に思った父が振り返るが誰もいない。
    足音も止みました。



    【木工職人の親父、幽霊と遭遇。→そのあとの親父の一言に幽霊がキレたwwwwwwww】の続きを読む

    P1000055_TP_V4


    557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/01(金) 17:37
    高校のとき仲の良い友人が「週末、家に泊まらない」って誘ってきた。 
    「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。
    でもしつこく誘ってくる。「他をあたれよ」って言ってもなぜか俺だけを誘ってきた。 

    あまりにもしつこいので「なぁ、お前一人じゃ怖いのか?」ってからかってみたら、急に黙り込んだ。
    「なんだ、図星か?」って追い討ちをかけてみると、突然真面目な顔になって
    「なぁ、お前、幽霊って信じるか?」なんて言ってきた。
    なんだこいつって思いながら
    「まぁ、見たことは無いけど、いないとも言い切れないかな」って答えた。 

    「じゃぁさ、週末に家に来いよ。幽霊は、いるってわかるよ」なんて言いやがる。 
    「ふ~ん・・・・で、見に来いっての?でも、止めとくよ」って言うと、泣きそうな顔で「頼むよ、来てくれよ」って言う。
    「じゃぁ、具体的にどんな幽霊なんだ?」って聞くと
    「毎晩12時くらいに階段を1段ずつ昇ってきてる。そして週末にちょうど 
    家の前に来るはずだ。その時、一人なのが怖いんだ」って、本当に怖がりながら言うんだ。 

    【友人「週末、家に泊まらない」俺「他をあたれよ」→詳しく話を聞いたら、シャレならんくらいヤバい展開になった】の続きを読む

    このページのトップヘ