心霊

    streamers-1516879_1280


    167 :1/3:2007/02/05(月) 22:47:31 ID:uuWi3n130
    一週間前の話。 

    娘を連れてドライブに行った。 
    なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。 
    で、娘を脅かそうと思って、舗装されてない脇道に入り込んだ。 
    娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。 

    そしたら、急にエンジンが停まってしまった。 
    山奥だからケータイもつながらないし、車の知識もないから、娘と途方に暮れてしまった。
    飯食ったドライブインも、歩いたら何時間かかるか。 
    で、しょうがないからその日は車中泊して、次の日の朝から歩いてドライブイン行くことにしたんだ。 


    【【衝撃】お父さん、娘さんと山にドライブに行ったら住職でもあきらめる取り憑かれ方する・・・】の続きを読む

    N866_usuguraikousyanorouka_TP_V


    182: 本当にあった怖い名無し 2017/11/23(木) 19:01:58.08 ID:akxsUpZ40
    すごく長いです 

    小学4年生のころ私のクラスで心霊ブームがおきました 

    きっかけは1人の女の子Gが自分は霊能力があって霊能力がある人を見分けられるなんて言い出したことでした 
    Gの周りにみんな集まると、一人ずつ手をとって図形?を描いていくんです 

    図形を描かれた人には霊能力があるらしく、 
    私も手を出したときに十字架の絵を描かれてちょっとうれしかったような気が・・ 

    そのGがある日、霊界へ行く遊びを見つけたなんて言いました 
    【【衝撃】学校で心霊ブームが起きたんだが、その結果が悲惨すぎる・・・】の続きを読む

    PAK93_fuzakeyagattekabedon20140322_TP_V4


    497:本当にあった怖い名無し :2006/06/22(木)11:17:04ID:BeDpXAH30
    最近引っ越したアパートの隣人の事。

    ここは学生や単身者がほとんどなので、引越しあいさつなどは特にない。(あいさつに行っても、生活時間がまちまちで会えない事が多いから)

    自分が入居してしばらくすると、深夜隣から声がする事に気が付いた。隣に住んでるんだから声がしてもおかしくないんだけど、ちょっと気になった。

    『なんなんだ、どうしてだ、やめてくれ』など。毎日、毎日、繰り返される。

    ある日、朝の出かけに隣人と出くわした。あいさつも兼ねて声を掛けてみた。気弱そうだか人の良い感じ、聞くと近くの大学に通っているらしい。

    一緒の駅を利用しているとの事だったので、その朝は雑談しながら行く事にした。するとちょっと言いにくそうに彼は聞いてきた。

    『引っ越してから部屋はどうですか?』

    二階の角部屋で日当たりも環境もまぁまぁ、わりと気に入ってるっと話すと

    『いや・・・まぁ・・・そうなんですけど・・・』

    っとなんだかハッキリしない口調。気にはなったが駅に着き、ホームが違うのでそこで別れた。

    その晩も、その後もやはり深夜の声は続いた。

     
    【引越したアパートの部屋の隣から声が聞こえる。←いや、これアカンやつやった・・・】の続きを読む

    Kazukihiro18117014_TP_V


    622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/29(日) 12:34
    本当の本当に、ほんのりというかうっすらです。 

    小学生から空手やってて、高校・大学の時に児童部(小学校6年未満)の指導員やってたことあります。 
    高2の夏の合宿の時、夜中、生徒たちが騒いでいるんです。 
    「まーだ、起きてるのか。明日も早いってのにしょうがない連中だ」と注意しにいったら、騒いでいるのは女子部屋で、15人くらいいるうち、半分以上が泣きじゃくっている状態だったのです。 
    「なんだ、いったい、どうしたんだ?」と聞くと、A子(小6)が就寝時間の時に「ねーねー? エンジェルさんって知ってる?」とコックリさんをやろうと言い出したそうで。 
    その時、「ダメだよ、絶対にやめようよ」とB子(小4)が懇願したにも関わらずA子が他の何人かの生徒とやり始めちゃったんですね。 

    質問を進めていくうちに、風もないのに窓がビリビリカタカタと振動し始め、 
    みんなが「変だな」と窓を一斉に見た瞬間、窓一面に手手手手手手手・・・ 

    【合宿の夜中にコックリさんをやった→すると窓一面に手が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ